Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

「最高の最終戦」へ横須賀市からBIGな応援!記念艦三笠トリコロールライトアップ実施!

ホームタウン 2019/12/03

12月7日(土)14:00キックオフのFC東京戦「THE BIG FINAL最高の最終戦」へ向けて、F・マリノスのホームタウンである横須賀市からBIGな応援!
横須賀市および公益財団法人三笠保存会のご協力のもと、「記念艦三笠」を期間限定でF・マリノスのイメージカラーである「トリコロールカラー」(赤・白・青)にライトアップしていただくことになりました!記念艦三笠の3色でのライトアップは初の試みとなります。ライトアップ初日である12月4日にはマリノスケによる点灯式も行われます。「最高の最終戦」へ向けて、闇夜の中でF・マリノスを全力で後押しする「記念艦三笠」の姿を是非ご覧ください。

記念艦三笠トリコロールライトアップ

期間 12月4日(水)~12月13日(金)
時間 期間中16時30分頃〜21時
※三笠公園は20時閉園
※12月4日のみ16:50に点灯予定
場所 記念艦三笠
神奈川県横須賀市稲岡町82-19

記念艦三笠トリコロールライトアップ点灯式

日時 12月4日(水)16:40〜(16:50 点灯予定)
場所 記念艦三笠
神奈川県横須賀市稲岡町82-19
出演 マリノスケ

記念艦三笠とは

明治35年(1902)3月に竣工、明治36(1903)年12月、連合艦隊に編入され、その旗艦になりました。日露戦争の際、ロシア・バルチック艦隊を破った日本海海戦では東郷平八郎連合艦隊司令長官が乗船する旗艦として活躍しました。大正15(1926)年から現在に至るまで、記念艦として、横須賀市に保存されています。日本の「三笠」は、イギリスの「ヴィクトリー」及びアメリカの「コンスティチューション」と合わせて、自国の独立を守るための重要な海戦において勇敢に戦い歴史的な勝利を収めたことから世界の三大記念艦といわれています。

事業体制

主催:横須賀市
協力:公益財団法人三笠保存会、横浜マリノス株式会社