11.18
[ ]
19:00
明治安田J1 第30節
AWAY 等々力陸上競技場
横浜F・マリノス
VS
川崎フロンターレ
1
3
後半14分
畠中 槙之輔
0
前半
0
1
後半
3
後半8分
三笘 薫
後半45分
ジェジエウ
後半50分
小林 悠
監督コメント
アンジェ ポステコグルー
監督
アンジェ ポステコグルー
――ハーフタイムコメント
「10人になってもやることは変わらない。マイボールをしっかり繋いでいこう。守備的にならずコンパクトに。強さを出していこう」
続きを読む
アンジェ ポステコグルー
監督
アンジェ ポステコグルー
――試合後監督コメント
「選手たちが全てを出し切ってくれたと思います。一人少ない状況になるまでは、本当に良い形で自分たちのサッカーができていました。
一人少なくなった状況で難しくなっていきましたが、しっかり自分たちのサッカーを、止めることなくやってくことが大事でした。どうしても守備的になってしまう部分もあったかもしれませんけれども、それでもチャンスをつくりながら、しっかり点を決めにいくところも出せていました。
そういう攻めている中でボールを取られてしまって、残り僅かな時間で2点目、3点目を奪われてしまいました。しかし選手たちは本当にすべての力を出し切って、最後の最後までやってくれたと思います」

質問:GKの退場までの40分まで、非常にハイレベルの素晴らしいサッカーを繰り広げていたと思います。その点について
「本当に、レベルの高い試合になったと思います。もちろん川崎Fは、今シーズンを通して素晴らしいパフォーマンスを出しているチームだと思いますし、勝利に値するチームだったと思います。
退場が起きるまでというのは、お互いボールをキープして相手のところに攻めて行く。そしてお互いチャンスをつくっている中で良い展開が繰り広げられていました。
退場の部分に関しては、我々のミスです。コミュニケーションの部分でしっかりとやっていれば、ああいうことは起きなかったと思います。
一人減った中で難しい状況にはなってしまいましたが、自分たちも最後まであきらめずにやった姿勢は出せました。どうしても、ああいう展開にはなってしまいます。ただお互いにとって良い試合は見せられたと思います」

質問:負傷退場にマルコス ジュニオールの状態は?
「マルコス ジュニオールは、問題ありません」

質問:ハーフタイムの指示と後半の変更点について。
「次の45分間、守備的に守ることだってできるけれども、自分たちは、自分たちのサッカーを貫いてやっていこうと話しました。そして、自分たちがボールをキープしているときは落ち着いてボールを回し、どんどん相手陣内に、前方向に持って行ってゴールを狙っていくようにとも伝えました。
一番大事なのは、どういう状況だとしても、自分たちのサッカーを貫いてやっていくことだと思いましたので、そこをしっかり伝えて、送り出しました」
続きを読む
選手コメント
喜田 拓也
MF 8
喜田 拓也
「まず今日の敗因は、陽平の退場のきっかけをつくった自分のパスミスだと思います。やはり10人になったらゲームが難しくなるのは当たり前のことなので、むしろそれまでのチームのパフォーマンスだとか、10人になってからの皆の闘う姿勢などは賞賛されるべきものだと思います。
チーム、選手、スタッフの準備に何一つ問題はなかったし、自信を失う必要はまったくないと自分は思います。陽平自身も責任を感じる必要は一切ないし、チームも自信を失う必要は全くないパフォーマンス、内容だと思いました。
今日のゲームから、何を上げなければいけないかと言われれば、自分がミスをしない力だと思います。あのワンプレーのきっかけをつくった自分のパスミス、たった一本のパスミスかもしれませんけれども、その一本がゲームの勝敗を分ける、そういう厳しい世界にいます。本当に自分一人の責任だと思うので、そこはチームに迷惑をかけたという気持ちでいっぱいです
(GKを含めた連携について)そこが結果に、勝てていない理由には全くならないです。GK陣は、F・マリノスのサッカーにおけるGKの役割を非常に理解してやってくれています。高丘選手、オビ選手だけではなく、梶川選手、中林選手も練習からF・マリノスのサッカーを体現してやってくれていますので、そこの連携が“日が浅い”というのは全く感じていません。
今日に関して言いますと、高丘選手はチームを守ろうとしてああいうプレーをしてくれましたし、オビ選手もスクランブルの出場でしたけれども、素晴らしいパフォーマンスをしてくれて、PKを止めてチームを救ってくれました。
(ACLに向けて)川崎フロンターレという非常に力のあるチームを相手に、アウェイでしたが、全員がやるべきこと“自分たちのサッカーを出しにいくんだ”と強い決意を持ったうえでプレーしていました。今日負けはしましたけれども、自分たちがやっているサッカーに手応えも感じたと思うので、そこは継続していきたいと思います。
ボスの率いるチームになって、このチームは歴史を変えてきています。F・マリノスはまだACLの予選リーグ(グループステージ)を突破できていないので、まずはそこを突破して歴史を変えていきたいですし、その先にあるアジアチャンピオンは、自分たちが本当に欲しているところです。
自分は前を向いて、強い気持ちを持ってチームのためになりたいです。チームの助け、仲間の助けになれるようなプレーと、そして結果を求めて頑張っていきたいと思います」
続きを読む
エリキ
FW 17
エリキ
「(今日の試合を振り返って)レベルの高い試合を行ったと思いますし、両チームは素晴らしいレベルの高いチームだと思っています。それに値する試合ができたと思います。皆、今日の試合を誇りに思っています。負けたのは残念ですが、しっかりと切り替えて、目標に向かってチーム一丸となって歩んでいきたいと思います。
(ACLに向けて)本当に誇りに思います。チーム皆で戦えましたし、残念ながら勝利することはできませんでしたが、チームは一皮むけたというか、より強くなったなと個人的には感じました。こういったレベルの高い試合と、皆で戦ったことで、ACLに良い流れができたと思います。期待は大きいですし、1試合1試合決勝戦だと思って戦います。ウチのチームには能力の高い選手がそろっていますし、偉大な監督もいます。皆で自信を持って、思いっ切りACLにぶつけたいと思います」
続きを読む
オビ パウエル オビンナ
GK 31
オビ パウエル オビンナ
「10人になっても自分たちのサッカーをして、(その足りない選手の)一人分多く相手よりも走ることができれば点が取れるということはわかっていたので、なるべくゼロ‐ゼロで進む時間帯を長くしたいと思っていました。
先に失点してはいけないと思っていたんですけど、もう少し耐えしのぐことができていたら、試合の展開も変わったかと思います」
続きを読む
試合情報をシェアしよう!
パートナー一覧を見る