Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第24節 vs名古屋グランパス

前半レポート

 連敗を止めたいF・マリノスは、前節からスタメンを2人変更、MFに前の試合は出場停止だった扇原、FWに遠藤が起用された。
 名古屋のキックオフで始まった試合は、序盤から激しいオフェンスの応酬となる。まずF・マリノスが、トップに入った仲川のスピードを生かして先制ゴールにつなげた。2分、マルコス ジュニオールのスルーパスに走り込んだ仲川がペナルティーエリア内で倒されてPKをゲット。3分、キッカーのマルコス ジュニオールが落ち着いてキーパーの逆を取って左スミにフィニッシュした。
 マルコス ジュニオールの2試合連続今季11点目のゴールでリードを奪ったF・マリノスは、5分・仲川、6分・扇原とミドルシュートで追加点を狙う。
 すると今度は名古屋が反撃しチャンスをつくる。だが9分のシュートは畠中がゴールマウスの前でナイス・クリア。10分・フリーでのヘディングシュートは杉本が好セーブ。右手でクロスバーの上に弾き出す。
 その後も13分・F・マリノス、17分・名古屋と互いに好機を迎えるがゴールには至らず。飲水タイムを挟んでからも攻撃的な流れは変わらない。30分・扇原のラストパス、31分・遠藤のクロスに仲川のダイレクトシュート、33分・マルコス ジュニオールのパスを受けたエリキのシュートとF・マリノスがチャンスを連続させる。
 そして39分、遠藤が複数の相手にマークされながらも粘って左足で柔らかなクロスを送る。これをエリキが胸でコントロールし、浮き球をアクロバティックに右足を振り抜くと、ボールはネットに突き刺さった。
 前半、エリキの初得点を含め、2点のアドバンテージで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「相手に簡単にやらせないようにしよう。
もっとアグレッシブに強さを出そう。
どんどんボールを動かしていこう」

後半レポート

 スタート直後は、2点を追いかける名古屋が攻勢に立つ。だがF・マリノスは集中した守備でしのぐ。2分・扇原がスライディングして体を張ってシュートブロック。その直後のクロスも、チアゴ マルチンスがきっちりクリアして流れを断ち切った。
 ピンチを脱したF・マリノスは5分に反撃、エリキが右サイドでボールを奪い返して遠藤へ。遠藤はドリブルから左足シュート。10分にはマルコス ジュニオールの素晴らしいラストパスを仲川が受けてペナルティーエリア内に持ち込み相手と交錯して倒れたが、これはノーホイッスル。
 そして12分、遠藤のラストパスから仲川走ってフリーになりかけたところで倒れてPKに。マークしていた名古屋DFへはレッドカードが出された。15分、このPKのキッカーもマルコス ジュニオール。前半のPKとは逆サイドの右スミに決めて3-0とリードを広げた。
 22分、F・マリノスベンチは最初の選手交代で渡辺が送られる。だが25分、一人少ない10人の名古屋が懸命に反撃。クロスからジョーに1点を返された。
 飲水タイム後、F・マリノスは立て直してオフェンスを展開する。28分、広瀬のダイレクトシュートはクロスバーを叩き惜しくも得点にならなかったものの、33分にエリキのシュートに詰めていたのが遠藤。GKに当たってこぼれたところを右足で流し込んだ。
 再びリードを3点としたF・マリノスは、攻撃の手を緩めない。37分・2人目の選手交代(大津がイン)後の39分、大津の右からのクロスをエリキが右足でワンタッチして遠藤へ。フリーの遠藤が右足でフィニッシュし5-1とした。
 アディショナルタイムは4分。名古屋の反撃に対し、F・マリノスはプレスを駆使しながら相手陣内へボールを運び、リードをキープしてタイムアップ。今季最多の5得点を挙げる快勝で連敗をストップし、勝点を42に伸ばした。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「自分たちにとっては、本当にチャレンジングな試合展開になったと思います。相手も非常に良いチームですし、個人的にもレベルの高い選手がそろっていました。
そのなかで、しっかりと前からプレスに行き、そして前に向かう姿勢を崩さず、相手に危険だと感じさせるプレーを見せられたと思います。
なかなか自分たちが思うようなゲームコントロールはできなかったのですが、5点を奪えて、勝利という結果もついてきて良かったと思います」

質問:3連敗中でしたが、今日の勝利は、攻撃面で目指しているサッカーをやり続けた成果だという実感はありますか?
「おっしゃったように、前での動き、相手にとって危険な形をつくれた、そして5点を取れたというのも継続してきた成果だと思います。非常に多くチャンスがつくれました。
しかし先ほども言ったのですが、なかなか自分たちの思っているようなコントロールはできませんでした。パスも、なかなかつながらなかったと思います。
前節は内容が良かったのに、結果はついてきませんでした。ですが自分たちは、常に約束事を守り、自分たちのサッカーを貫いてきました。そういうところを私は重視していますので、今日の内容と結果を受け止めて、続けてやっていかなければいけないと思います」

質問:初ゴールを決めたエリキ選手についての評価、感想は?
「今日に関しても、彼はまだチームに合流して数週間です。彼も、一日でも早く、連携という部分も含めてチームのやり方になれるようにと頑張っています。まだ慣れていない部分もあるのですが、今日はゴールも決めましたし、チャンスもつくり出してくれました。相手にとって危険なプレーも見せてくれました。
試合を通して、何度かポジショニングの修正を指示したところもありましたが、ゲームのなかでだんだん向上してくると思います」

試合後コメント

「チームが3連敗という苦しいなかで自分に出番がまわってきたので、何かを変えたいと思ったし、ここで決めないとダメだと自分の中で思っていました。
先に点が取れたことは大きいけど、もっと良くなる部分を改善しなきゃいけないと思う。じゃあ、相手が11人のままだったらどうだったのかという話もあるし、試合の進め方をもっともっとうまくならなければと思います」

「チームとして1試合1試合大事に集中して戦わなければいけない状況の中で、早い時間帯で先制できたことは大きかった。そしてトレーニングの通り、相手の空いているスペースをうまく使うことができた。今日だけではなく、次につなげるためにもトレーニングから集中してやっていきたい。
(1点目のゴールパフォーマンスに関して)自分はカメハメ波をやったんだけど、エリキは隣でスパイダーマンをやっていました(笑)」

「(途中出場でどういうプレーを意識したか?)まずはボールを失わないことを(ベンチから指示で)言われて入りました。
ただ、前を向いた時にシュートで終われなかったところとかは、何かインパクトを残したかったです。あそこは打ち切れれば、気持ちが良かったかなと思います」

フォトギャラリー