Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第22節 vs鹿島アントラーズ

前半レポート

 3位・F・マリノスと4位・鹿島アントラーズの上位直接対決。F・マリノスは、前節に出場停止だったチアゴ マルチンスがCBに入り、それ以外の10人は前節と同じメンバーで臨む。
 F・マリノスのキックオフで始まった試合、いきなりスコアが動く。1分、F・マリノスが、いつものように後方でビルドアップするところを、鹿島が激しくプレッシャーをかける。ボールをカットされ、セルジーニョが左足シュート。この試合のファーストシュートが、F・マリノスゴールのサイドネットに飛び込んでしまった。
 先制されたF・マリノスは、鹿島の出足と激しさになかなかゲームをコントロールできない。7分、11分と攻勢を受ける。しかし15分を回ると徐々に立て直し、両サイドに展開して起点をつくろうとする。19分、遠藤のクロスを扇原が狙って、CKに。そして21分・遠藤、22分・マルコス ジュニオールがシュートを放つ。
 裏への積極的なランで、好機をつくるF・マリノスは、29分、31分にも鹿島ゴールを脅かす。37分には、喜田が自陣でボールを奪うと攻撃のスイッチを入れてスピーディーなパスを右前方の仲川へ。
 43分は鹿島が反撃、ペナルティーエリア内でフリーのシュートを打たれたが、これはパク イルギュがスーパーセーブ。前半、互いに豊富な運動量からアグレッシブに攻め合いエキサイティングな展開となったが、F・マリノスは1点のビハインドで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「マイボールを落ちついてつないで、生まれるスペースを突いていこう。
プレスは一人ではなく、チーム全員で連動してかけること。
相手のペースに合わせず、後半45分、アグレッシブに出し切ろう」

後半レポート

 序盤は鹿島が押し込む。FK・CKと連続セットプレーを、F・マリノスがこらえる。11分にはCKからの二次攻撃で、鹿島FWにシュートを決められたが、これはオフサイドに。14分・15分もCKで攻められたが、これもしっかり跳ね返すと徐々にリズムを取り戻す。
 20分、最初の選手交代で大津に代わって三好がイン。マルコス ジュニオールがトップに入る。両サイドを使って反撃するF・マリノスは23分、広瀬との連係で裏に抜けた仲川が走り勝ってゴール前へ折り返す。これを遠藤が浮き球でつなぐと、仲川がジャンプしてヘディングシュート。見事に左スミに飛び込んだ。
 仲川の今季9点目で同点に追いついたF・マリノスは29分にもチャンスをつくり、三好のスルーパスにマルコス ジュニオールが走ってシュート。しかしGKの好セーブに阻まれCKに。流れはF・マリノスに向かうかと思われたが、32分、扇原が2枚目のイエローカードを受けて退場に。
 この5分後、10人で戦うF・マリノスは二枚目の交代カードを切り、マルコス ジュニオールからDF伊藤へ。数的有利の鹿島が攻勢を強める中、F・マリノスは懸命にしのぐ。41分・FKからの分厚いオフェンスをこらえ、続いてサイドからのドリブル突破をチアゴ マルチンスが懸命に戻ってストップする。
 しかしその直後、速い展開から詰められて、交代出場の鹿島FW上田にフィニッシュされた。追いかけるF・マリノスは45分に最後の選手交代で中川を送る。アディショナルタイムは5分。CK・FKなど鹿島ゴールに迫ったF・マリノスだが、ゴールを奪うことはできず、そのままタイムアップ。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「すごく難しい展開になりました。
しかし、前半は自分たちがやろうとしているサッカーができたと思います。しっかりコントロールができていました。
後半も、そのレベルを落とすことなく前に行ったことによって同点に追いつけました。その後、チーム全体が“もう1点いこう”という気持ちになっていたところで、一人少なくなった状況になりました。やはり一人少なくなってしまうと難しいゲームになってしまいます」

質問:前の選手の位置をいろいろと試していく中、マルコス ジュニオールをトップにして、三好をトップ下に置いた形が、よく機能した時間帯もあったと思います。その点については、どうでしたか?
「Jリーグの中でも、そしてチームの中でも得点力のある選手がケガで戦列を離れています。そのあと我々は、FWのポジションの選手がいない状況で試合に臨まざる得なくなっており、今日もそうでしたが、そんな中で、どういうことができるのかを模索しながら戦った試合でした。
(ゴールゲッターである)9番のポジションの選手がいない中で、どういうオプションができるかだと思います。ただ、そういう状況でその位置に入ってくれた選手や他の選手たちも、本当にハードワークして、一生懸命にやってくれていたと思います」

試合後コメント

「今日は難しい相手、攻撃力のある相手であることを踏まえた上で、自分だけでなくてチーム全員で集中して臨んでいこういう気持ちで入りました。
いい結果になりませんでしたが、この結果を受け止めて、次に切り替えていきたいと思います」

「ボールホルダーに誰がプレッシャーにいくのか、どこからプレスをかけるのか、それはタカ君がいなくなってピッチ内でしっかり話したので、ある程度はできるとは思っていました。でも、もっとハッキリと指示をしなければいけなかったと思います。
ビルドアップに関してはしっかりつなげたし、前線の選手も流動的に動いてくれたので問題はなかった。でも開始1分の失点は、自分たちのサッカーでは起こり得ることだとはいえ、なくしていかないと、今日のようにゲームを落としてしまう。もっと成長しないといけないと思います」

「クロスに対して中盤のほうに下がって受けにいかないで、中盤の選手がスペースを使えるように、また相手のスペースを広げようと(前線に張って)プレーしました。
(後半はポジションチェンジをした?)はい、サイドに移りました。チームとして追加点を取れなかったことが残念でした。アクシデントもありましたが、やっぱりこういう試合を勝ち切らないといけない」

フォトギャラリー