Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 ルヴァンカップ グループステージ 第6節 vsV・ファーレン長崎

前半レポート

 グループステージ最終節。引き分け以上でグループステージ突破が決まるF・マリノスは、前節の北海道コンサドーレ札幌戦から6人先発メンバーを入れ替える。ディフェンスラインは右から松原・ドゥシャン・畠中・広瀬、FWはイッペイ シノヅカ、李、そしてJ公式戦初スタメンとなる椿の3人。
 対するV・ファーレン長崎も勝てばF・マリノスに勝点で並ぶ状況だ。F・マリノスのキックオフで始まった試合は、F・マリノスがポゼッションしてサイドからのチャンスメークを狙う。6分にはイッペイ シノヅカのパスで右裏のスペースを突いた三好の折り返しを、李が右足で合わせたが惜しくも左に外れた。するとF・マリノスがファーストチャンスを逃した1分後、早いリスタートからサイドネットに決められ、F・マリノスは先制ゴールを許した。
 追いかけるF・マリノスは15分からCK、FKとセットプレーをゲットして長崎ゴールに迫るが、フリーでのシュートシーンは訪れない。23分、ショートコーナーからの二次攻撃、イッペイ シノヅカのクロスから李がヘディングシュート。だが、ワクを捉え切れない。
 30分・痛めたドゥシャンから栗原への選手交代をはさみ、F・マリノスの攻勢は続く。だが34分・35分・36分のオフェンスもフィニッシュには届かない。37分・李の右スミへのシュートもGKの好セーブに阻まれた。前半、攻め込みながらもフィニッシュには至らず、1点のビハインドで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「いい形でボールをつなげている。
早く簡単にボールを動かそう」

後半レポート

 序盤、ホームの長崎が仕掛けてきたが、1分・5分とパク イルギュが好セーブで追加点を許さず。ゴールをこじ開けたいF・マリノスは、10分に2人目の選手交代で山谷をピッチに送り、両サイドを使ってチャンスメークを狙うが、長崎のマークをはがすことができない。14分には、広瀬が競り勝ってラストパス。李がグラウンダーのシュートを放ったが、左に流れた。
 すると15分、長崎が早いリスタートからサイドを持ち上がってクロス、これをフリーのFWにヘッドで決められてしまう。2点のビハインドとなったF・マリノスは20分・山谷、21分・イッペイ シノヅカがシュートを見舞うがワクを捉え切れない。
 22分には3人目の選手交代を行い遠藤がイン。徐々にペースをつかみ27分、直接FKを天野が左スミに決めて、ようやく1点を返す。追い上げムードのF・マリノスは、29分・右CKから栗原がヘディングシュート。34分、今度は左CKから畠中がヘッドで合わせる。惜しくもボールは右ポストに当たってしまった。
 その後も相手陣内で攻勢を重ねるF・マリノス。アディショナルタイム5分のボードが掲げられた直後、PKを獲得。キッカー李が左足で右スミに蹴ったが、GKのビッグセーブに弾かれてしまった。
 なおも前へ前へとボールを運ぶF・マリノスだったが、48分にFKのタテパス一本でフリーになられて、決定的な3点目を奪われる。そしてタイムアップ。長崎にJ公式戦で初黒星を喫したF・マリノスは、「勝点8」で長崎に並んだものの直接対決の勝点により、グループステージ突破を逃す。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「非常に残念な気持ちです。たくさんチャンスをつくれた中で決め切れず、こういう結果になってしまい残念です」

質問:引き分け以上でプレーオフステージに進めるという状況で、かえって選手はメンタル的に難しい部分があったのではないでしょうか?
「特に、何かがあったということはありません。やはりチャンスをつくれた中で決め切れなかった。そこだけだと思います。あれだけのチャンスをものにできなければ、こういう流れになってしまいます」

試合後コメント

「失点の仕方が悪かった。3点ともFKからだったし、やっぱり二度も三度もやられちゃいけない、それが悔やまれる。
後半に1点返して、それからもチャンスはあったし、上に上がれるチャンスもいくらでもあった。そこで上がれなかったのは力が足りないということだし、普段試合(リーグ戦)に出ていない自分たちの力の無さなのかなと思います」

「なんか自分たちで難しくしてしまった試合だし、そこから十分挽回するチャンスがあったのに結局、自分たちで取りこぼしてしまった。
最後にああいうくだらない失点をしてしまったというのは、本当にもったいないというか、相手がやりたいことにはまってしまった。ここ最近の悪い癖で、早い時間帯に失点して、後手を踏む状態からスタートしてしまったのもいけない」

「もったいない失点が多かった。攻撃の決め切る力を上げることを、チームとしてやっていかないといけないと思います」

フォトギャラリー