Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 ルヴァンカップ グループステージ 第5節 vs北海道コンサドーレ札幌

前半レポート

 グループステージ突破に向けて2位F・マリノスと、首位・北海道コンサドーレ札幌との直接対決。なおニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲームは、1-1で引き分けている。F・マリノスはドゥシャンと仲川の2人が出場停止。先発は前節の湘南ベルマーレ戦から4人を入れ替え、DF松原などを起用した。なおFWはイッペイ シノヅカ、李忠成、遠藤の3人。
 試合はF・マリノスのキックオフで始まる。2分・FKからヘッドでファーストシュートを打たれたF・マリノスだが、すぐに反撃、3分に大津のスルーパスをイッペイ シノヅカがつなぎ、李が右足シュート。7分にはティーラトンのクロスがこぼれたところを山田がダイレクトシュートを放った。その後、試合はややこう着していたのだが、16分、左からのクロスのクリアボールを松原が右足で判断良くダイレクトシュート。右足からの一撃がGKの頭上をこえて左スミに決まった。
 先制したF・マリノスは、落ち着いたパスワークでゲームをコントロール。20分過ぎからの札幌の攻勢も冷静にさばく。21分のロングボールはチアゴ マルチンスがヘッドで競り、セカンドボールを松原と畠中がケアする。28分にクリアボールに詰められたシーンも、飯倉がセーブした。
 その後、F・マリノスは決定機はつくれないもののサイドを主体に攻め、安定した守備を続ける。40分・相手のミドルシュートは飯倉がジャンプし、右手で枠の外に弾き出した。前半、1点のリードで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「自分たちでゲームをしっかりコントロールすることができている。
相手はリスクをおって前からくると思う。しっかりと準備すること」

後半レポート

 リードを奪っているF・マリノスは、落ち着いた入りから安定した攻守を展開する。4分・相手CKに対してもフリーでシュートを打たせず、8分・オフェンスは扇原のシュートで終わる。
 10分・札幌、12分・F・マリノスと攻め合った後の14分、F・マリノスは左サイドで起点をつくり、山田のパスを受けた李が左足シュート。コントロールされた一発がゴール右に飛び込んだ。李のF・マリノス移籍後初ゴール(J公式戦)により、スコアは2-0に。
 一方、2点のビハインドとなった札幌ベンチは、16分に2枚代えで反撃に出る。だが21分のFKなど、F・マリノスはしっかりと跳ね返して23分に逆襲、扇原のパスを受けたイッペイ シノヅカが左足シュートを流し込んだ。
 リードを3点に広げたF・マリノスは25分に選手交代を行い、山谷とJ公式戦初出場となる椿が入る。30分のカウンターからのクロスをチアゴ マルチンスが難なくカット。そして3人目の交代カードを切って和田がピッチに入った直後の33分、山谷が相手の連携が乱れたところを見逃さずボールを奪って持ち上がり、ゴール正面から豪快な一発。強烈な左足シュートがネットに突き刺さった。
 その後、札幌が懸命に攻め続けるがF・マリノスの守備は乱れず、ラストパスを処理し続ける。40分、畠中がクロスをクリア。アディショナルタイムは4分。48分には椿がカットインから右足シュートを放つなど攻める姿勢も持ち続けたまま、タイムアップ。F・マリノスは勝点8と札幌に並びAグループ首位に浮上、2週間後の最終節でV・ファーレン長崎と対戦する。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「全体的には、良い試合が繰り広げられたと思います。
前半から自分たちがしっかりコントロールして、そこで良いゴールも生まれました。
後半は、もちろん札幌さんもゴールを奪いに来なければならない中で、自分たちは落ち着いてしっかりとプレーできました。そしてゴールも生まれました。
もっともっと決められるチャンスはあったのですが、良い結果で終われて良かったです」

質問:札幌と今季3度目の対戦になりますが、前回の対戦からどのように修正しましたか?
「特に変えたところはありません。 前回、リーグ戦のアウェイで敗れたのですが、あの時はスタートの入りが良くありませんでした。もちろん、そのようにミスが多くなれば、札幌さんはそういう部分を突いてきます。自分たちがやらなければならなかったことが出せなかった結果が、あの試合でした。
今日は、しっかり自分たちがボールを持った時、落ち着いてやれたと思います。今日はこの間の反省という部分を頭に入れてしっかりと自分たちのプレーができました」

試合後コメント

FW20
李 忠成

「いやあ、本当にゴールが取れて良かったなあと安心してますね。(ゴールシーンは)トラップが完璧に決まったので、9割がたあのトラップでゴールしたなという感じがありました。
ここF・マリノスに期する思いで入って、チームが調子がいい時も悪い時も力になれず、ケガしてしまってとかいろんな状況があった。そのなかでゴールがすごく遅れてしまったことがありましたけど、今日のゴールで自分的にも楽になりました」

MF40
椿 直起

「個人的にはケガからの復帰戦ということで緊張しましたけど、点差もついて自分なりに楽にピッチに入れました。楽しかったです。
リハビリをやり続けて、絶対に強くなって帰ってこようという気持ちで手術した時も思った。ピッチに入った時は、しっかり自分がチームの力になれるようにという気持ちでいました」

MF26
イッペイ シノヅカ

「前半に相手が引いてきて、1点取れたことがデカかった。だから相手は後半、点を取りにいかなくてはいけなくなり、そこを上手く僕らのF・マリノスのサッカーで打開できた。
(3点目の自身の得点については?)タカくんはその前にあの位置からミドルを打っていたので、打つかなと思っていた。一応オプションとして開いていたら、ああやってパスが出てファーストタッチも上手くいって、あとは流し込むだけでした」

フォトギャラリー