Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

2019 横浜F・マリノス新体制発表会レポート

トップチーム 2019/01/13

「2019横浜F・マリノス新体制発表会」が日産グローバル本社の日産ギャラリーで行われた。例年同様、パブリックビューイング、インターネット中継も実施され、多くのファンが見守った。会場の内外を合わせて1,135人のファン・サポーターが足を運んだ。

tvkアナウンサー、キックオフF・マリノスのMC経験もある三崎幸恵さんの司会進行で発表会がスタート。

新ユニフォームのテーマは「進化したトリコロール」。飯倉大樹選手、天野純選手、扇原貴宏選手が新ユニフォームをまとい登場!またユニフォームの新しいスポンサーとして、株式会社オウルテックがあいさつした。次に日産自動車からサポートカーが贈呈され、新背番号23番の仲川輝人が選手を代表してビッグキーを受け取る。

最後は会場の観客、サポーターを交えた選手・監督によるフォトセッションで新体制発表会は幕を閉じた。

 

■黒澤良二社長あいさつ

「本日は、お寒い中、2019年横浜F・マリノス新体制発表会にお越しいただき、ありがとうございます。そしてパブリックビューイングにもたくさんの方がいらしていると聞いております。誠にありがとうございます。

まずファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ふれあいサッカープロジェクトなどでお世話になったホームタウンの皆様、そしてF・マリノスを愛するすべての皆様に、昨年度も絶大な熱い声援をいただきました。この場をお借りし、クラブを代表して御礼申し上げます。ありがとうございました。

私は昨年の7月末に就任し、5カ月間があっという間に過ぎましたが、この間も皆様の熱い声援に支えられていろいろな経験、いろいろな学びがありました。

やはりF・マリノスのファン・サポーターは世界一だということ、それからF・マリノスというのは本当に素晴らしい伝統のあるクラブだということを、改めて認識いたしました。なぜこのような素晴らしい伝統があるのか。それをもう一度考えてみました。それは日産自動車サッカー部時代からF・マリノスへ引き継がれた“常勝軍団”、強いF・マリノスに他ならないと思います。当時の強い日産サッカー部、強いF・マリノスに憧れた人は、私を含めてたくさんおられることでしょう。そしてたくさんの子どもたちも強いF・マリノスに憧れました。我々クラブ一丸となって、皆様のご支援のもと、強いF・マリノス、素晴らしい伝統を築いていこうと真摯に取り組んでいきたいと考えています。

昨年の総括ですが、アンジェ ポステコグルー監督を招聘し、アタッキングフットボールを展開いたしました。一昨年までの若干守備的なサッカーとは全く違ったサッカーとなり、少し混乱もありましたけれど、何とか一年を乗り切ることができて良かったと思います。

結果はJリーグ12位、ルヴァンカップは決勝で敗退しましたけれども準優勝、天皇杯はベスト16でした。アタッキングフットボールということで得点数はリーグ2位、失点も後ろから3位ということでした。またポジティブな点としては、天野純選手が、F・マリノスとしては約2年ぶりに日本代表に選ばれ、素晴らしい活躍をしてくれました。私もこの試合を吹田スタジアムに観に行き、F・マリノスの仲間の活躍に感動を覚えた次第です。

そして皆さんご存知のとおり、今年の年頭に中澤選手が引退を表明いたしました。中澤選手の功績は私が言うまでもありません。日本代表、そしてF・マリノスとも、長年に渡って素晴らしい功績を残してくれました。彼はピッチではもちろん、練習の時に誰よりも早く来て身体のケアなどを行い、一番最後に帰るという努力を日々続けてくれました。本当にお手本になる素晴らしい選手で、彼が残してくれたものは脈々とF・マリノスに引き継がれていきます。

それからF・マリノスを去っていく選手もおりますけれども、中町選手はアフリカへのチャレンジを決めてF・マリノスを去ることになりました。彼も7年間、本当に素晴らしい貢献をしてくれました。活躍を祈念したいと思います。またF・マリノスを去った他の選手たちにも、心から感謝したいと思います。

そして、また皆様に御礼を申し上げたいのですが、昨年のホーム総入場者数が370,401人と、J1リーグで6位の成績を収めることができました。もちろん、もっとたくさん来ていただけるようなサッカーを展開してまいりますので、今年もぜひ、お友だちや友人、お知り合いをお誘い合わせの上、スタジアムにお越しいただけますようお願いしたいと思います。

さて2019年のチームスローガンですが、昨年に引き続き『Brave&Challenging 勇猛果敢』、これを継続させていただきます。それから横浜をブランドと捉えた年間テーマ『横浜沸騰』、これも継続をさせていただきたいと思います。

2019年は、2年目となりますポステコグルー監督のもとアタッキングフットボールを展開していきます。彼のフィロソフィーであるアタッキング、ハイプレス、ポゼッションでアタッキングフットボールを展開していきます。我々の先を行くマンチェスター・シティのペップ グアルディオラ監督ですが、彼も1年目のプレミアリーグではいい成績は得られませんでしたが、2年目にぶっちぎりで優勝しています。ぜひ、ポステコグルー監督の2年目にご期待いただきたいと思います。

我々の今年の目標は「優勝争いに絡む」というだけで「優勝します!」とは宣言いたしません。しかし、優勝争いに絶対に絡むという強い気持ちで臨んでいきます。

それから、優勝を偶然ではなく必然にできるように着々と準備をすること、そしてスタジアムに来ていただいた方に、全プレーヤー、クラブ全員が一丸となって全力の姿をお見せすること、それはお約束できると思います。

先ほど申し上げましたように、強いF・マリノス、そして新たな伝統を築くために、皆さんとぜひ一緒に歩んでいきたいと思います。

『キープファイティング、ネバーギブアップ、インテグリティー』。ぜひ1年間よろしくお願いいたします。ありがとうございました。」

アンジェ ポステコグルー監督あいさつ

「まず初めにファン・サポーター、そしてスポンサーの皆さんにたくさんの応援をしていいただき、本当にありがとうございました。昨シーズンに引き続き、2年目もこうやって招いてくださったクラブの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

昨シーズンは自分にとって1年目でしたが、サッカーをガラリと変えて、選手たち、自分も含めてなんですけど、すごくタフなシーズンでした。いい時も悪い時もありましたけど、今年はしっかりもう一度やっていきたいと思います。2019年シーズンはクラブ共々、もう一度引き締めてやっていきたいと思います。

今シーズン新しく加入した選手たちは、自分が求めるサッカーができると信じて加入してくれました。去年から引き続きいる選手たちは、自分のサッカーというものを知っていますし、日頃のハードワークを今年もしっかりやってくれると信じています。

自分にとってF・マリノスは、特別なクラブだと思っています。サポーターの皆様も特別な存在です。昨シーズン、いい時も悪い時も本当にたくさんの方々にサポートしていただき、スタジアムまで足を運んでいただき本当に感謝していますし、嬉しく思いました。だから、このクラブが必ず成功しなければいけないという使命があります。

このクラブが日本全体で、いつも『F・マリノス』という言葉が出るような素晴らしいシーズンに皆様と共にしていきたいと思いますし、自分も含めて皆さんに恩返しができるよう、今年はしっかり努めていきたいと思います。

去年から引き続き、攻撃的なサッカーであることは変わりません。今年はしっかり勝利という部分をもっと皆様に見せていきたいと思っております。

2019年度を本当に皆様にとって忘れることのない最高のシーズンにしたいと自分は思っています。お忙しい中、お越しいただき、本当にありがとうございました」

GK 1 パク イルギュ選手

「初めまして、FC琉球から来ましたパク イルギュです。今年はF・マリノスでタイトルを取るため、ここに来ました。自分の持ち味をしっかり出して、チームに貢献したいと思います」

FW 9 マルコス ジュニオール選手

「ブラジルのフルミネンセから来ましたマルコス ジュニオールです。日本に来て、皆さんとここにいられて、とても光栄です。このチーム、F・マリノスにはタイトルが絶対に必要だと思います。よろしくお願いします」

DF 18 広瀬陸斗選手

「徳島ヴォルティスから来た広瀬です。持ち味は走ること、キックの精度です。その持ち味を生かして、タイトルを取れるよう頑張りたいと思います」

FW 20 李忠成選手

「初めまして! 僕は今年、プロ15年目か16年目なんですが、ここには1年目の選手もいて初々しいなと思います。サッカー選手って素晴らしいなと思うのは、僕はよく“感動の瞬発力”という言葉を使うんですが、その感動を届けられるサッカーは素晴らしい競技。また、日本一を取れる喜びも僕は大好きです。ここにいる方々と、感動と喜びを共有したいと思います」

FW 38 山谷侑士選手

「F・マリノスユースから昇格した山谷です。持ち味は縦への推進力を生かしたドリブルでピッチを走って、カットインからのシュートです。一日でも早くチームに貢献したいと思います」

MF 40 椿直起選手

「ユースから昇格した椿です。僕の持ち味はスピード、緩急を使ったドリブルです。早くチームに溶け込みたいと思います」

MF 41 三好康児選手

「北海道コンサドーレ札幌から移籍してきました三好です。F・マリノスに必要とされたからには、早くチームのタイトル獲得に貢献できるよう頑張りたいと思います」

2019新体制発表会フォトギャラリー

続きは、公式サイト有料コンテンツの「新体制発表会フォトギャラリー」でお楽しみください。

新体制発表会フォトギャラリーはこちら