Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

9/28 横浜F・マリノス vs. ベガルタ仙台 試合の見どころ

試合 2019/09/27

明日は2019明治安田生命J1リーグ第27節 ベガルタ仙台戦がユアテックスタジアム仙台にて行われます!明日も皆さまの熱い応援をよろしくお願いいたします!

2019明治安田生命J1リーグ 第27節
「横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台」

2019年9月28日(土)19:00キックオフ
会場:ユアテックスタジアム仙台
インターネット中継・TV放送:DAZN、NHK BS-1

明日の試合の見どころ

 3連勝で首位FC東京との勝点差を「4」に縮めたF・マリノスが、アウェイでベガルタ仙台と対戦する。
 3位のF・マリノスに対して、仙台は14位。リーグ戦の対戦で3連勝中(15得点、5失点)。さらにアウェイゲームではここ5シーズン4勝1分。F・マリノスにとって、分がいい対戦カードだ。
 しかし、もちろん気を抜くことなどできない。残留争いに巻き込まれている仙台は、必死に勝点を奪いに来るはず。前節も、アウェイで上位の北海道コンサドーレ札幌に快勝し、勝点3を持ち帰っている。また昨シーズン、リーグ戦ではホーム・アウェイとも大勝しているが、ルヴァンカップでは1分1敗、天皇杯ではラウンド16で敗れている。
 さらに今回の試合、F・マリノスは喜田とティーラトンの2選手が出場停止。その穴をチーム全体で補って、勝利を目指さなければならない。
 最近のこの対戦カードで“勝負の分岐点”となっているのが、仙台のプレッシングやチェイシングを、F・マリノスがどうさばくかという点だ。仙台のボール奪取が機能するとF・マリノスは苦戦を強いられているが、ボールの奪いどころをつくらせていない時は、攻守両面とも躍動しながらゲームを支配できている。中盤のコントロールを担うボランチの動きや読みが、ポイントになるのではないか。
 前節、堅守のサンフレッチェ広島から3得点を奪ったF・マリノス。好調な攻撃陣が、この試合でも複数得点を奪ってくれれば、勝利の確率はぐっと高まる。 

[対戦相手]
就任6年目の渡邉晋監督が率いる。ハードワークをベースに、鋭い攻守の切り替えから決定機をつくる。2017年はルヴァンカップ・ベスト4、昨シーズンは天皇杯準優勝と勝負強さをアピールした。今シーズンは開幕5試合で1分4敗とつまずき、ようやく14節からの4連勝で盛り返す。だが18節からは連勝がなく、苦しい戦いが続いている。

[過去の対戦成績]
J1リーグ戦 23戦:9勝8分6敗(37得点/25失点)
リーグカップ戦 6戦:2勝1分3敗(7得点/7失点)

[現在の両チームの成績]
横浜F・マリノス 26戦:15勝3分8敗(勝点48:48得点/32失点)3位
ベガルタ仙台   26戦:9勝4分13敗(勝点31:31得点/38失点)14位