Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2020 ACL グループステージ 第1節 vs全北現代

前半レポート


 ACLの初戦、アウェイで韓国王者の全北現代モータースと戦う。F・マリノスの先発は、4日前に行われたゼロックススーパーカップから2名入れ替え、GKに梶川、前線の左には遠藤が起用された。
 F・マリノスのキックオフで始まった試合は、序盤から攻守でF・マリノスらしさを発揮する。3分、相手のロングパスをGK梶川がペナルティーエリア外でクリアすると、5分にスルーパスで裏へ抜けたオナイウ阿道が右足シュート。相手GKに阻まれたものの、アグレッシブなスタイルは揺るがない。7分・遠藤のクロス、11分・マルコス ジュニオールのFK、13分・喜田のダイレクトミドルと流れをつかむ。
 その後もスピードに乗ったパスからゲームを支配するF・マリノス。30分を過ぎるとギアを上げて全北現代ゴールに向かう。31分・松原のスルーパスから仲川のクロス、32分・喜田のパスカットから仲川のシュートとチャンスを広げる。そして33分、仲川のクロスを遠藤がダイレクトで流し込み、待望の先制点をゲットした。
 リードしたF・マリノスは、その3分後にもスピードに乗ったオフェンスを仕掛ける。左サイドから遠藤がクロスを送ると、これが相手のオウンゴールにつながった。
 その後もF・マリノスのアタッキングフットボールが機能。3点目こそ生まれなかったものの、43分・オナイウ阿道、44分・仲川が鋭いシュートを浴びせるなど、ペースを握って前半を折り返す。

ハーフタイムコメント

後半レポート


 2点ビハインドの全北現代が、懸命に圧力をかけて前に出て来たが、F・マリノスは落ち着いて対応、決定機を与えない。4分・サイドのボールをGK梶川がサイドライン外に蹴り出し、この直後のゴール前のボールは松原がヘッドでクリアした。
 この後、F・マリノスはリズムを取り戻し5分、喜田のボール奪取からマルコス ジュニオールが持ち上がる。そして14分、追加点のチャンスをつくる。仲川のパスを受けたオナイウ阿道の右からの折り返し。これをゴール前で扇原がしっかりミート。しかし相手GKが、好セーブ。
 好機を逃したものの、主導権を握ったF・マリノスは、16分、19分、22分と攻勢を続ける。すると24分には、全北現代のプレーヤーが2枚目のイエローを受けて退場に。数的優位のF・マリノスは28分、オナイウ阿道がトラップから右足ボレー。リバウンドを仲川が右足で狙う。しかしこの絶好機も、フィニッシュには至らない。 
 35分に守備陣のミスから1点を返されたF・マリノス。だが、すぐに立て直す。そして37分には、またも全北現代の選手が2枚目のイエローカードで退場となった。
 試合は終盤へ。F・マリノスは40分・大津、44分・水沼と選手交代カードを切りながら、全北現代の反撃をかわす。
 アディショナルタイムは4分。アドバンテージをキープしたままタイムアップを迎えたF・マリノスは、アウェイで大きな勝ち点3をゲット、来週水曜日のホームでの第2節につなげた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「すごくいいゲームが繰り広げられたと思います。90分を通してしっかり自分たちは、試合をコントロールできたと思います。
もっとゴールを奪えたのにもかかわらず、逃してしまった場面もありました。もっともっと得点を奪える決定機があったと思います。
本当にこうやってアウェイの地、そしてとても強いチームとの戦いで勝利できたことを嬉しく思います。内容としても、本当に良かったと思っています」


質問:今日内容が良かったのは、一度公式戦を戦っていたからなのでしょうか? 「ゼロックスの前半は良くなかったですけど、後半に自分たちは切り替えて、自分たちのサッカーをしたことによって、チャンスをたくさんつくりましたし、勝てるチャンスもありました。
今日、大きく何かを変えたわけでなく、自分たちのサッカーができていました」


質問:F・マリノスのペースで試合をしている数的優位の状態で失点をしてしまったことに関しては、どのように捉えているのでしょうか?
「あの場面では相手が一人少ない状況でしたけど、個人的なミスのところで相手に失点を許してしまいました。
ですが、逆に自分たちは5点ぐらい取るチャンスがあったと思います。相手が崩してどうこうという失点ではなく、自分たちが相手に1点を与えてしまったということです」

試合後コメント

「相手が韓国の王者ということは、あまり考えていなかった。僕らは日本のチャンピオンとして、このリーグに臨んでいました。
自分たちのサッカーをするだけでしたし、それを前半から発揮できたことが一番素晴らしいことだったと思います。
でも、これ(今日の勝利)で終わるわけではないですし、どんどん勝利を積み重ねていかないといけないと思っています。日本の代表のチームとして恥じないようなプレーを見せていきたいと思います。
アウェイということもあったので、前半から相手を圧倒できるように、自分たちのサッカーをしっかりできるように心掛けて臨みました。
(ゴールシーンを振り返って)あそこ(のスペース)に入っていくことはチームの決まり事でもあるし、相手がルーズになっていることも、何となくわかっていました。自分とテル君の関係で取れたゴールだと思います。
(次はホームで第2戦だが)ゼロックスでしっかり結果を残せなかったので、がっかりされたサポーターも多かったと思います。たくさんの人を悲しませてしまったと思うので、それを取り返せるよう、しっかり戦っていきたい。
リーグ戦と並行して戦うACLも、日程は厳しいと思います。だけど、僕らは日本の代表としてきているわけなので、それをしっかり証明して、相手がどこであろうと勝てるように頑張っていきたいです」

DF27
松原 健

「前半、入りは悪くなかった。
退場者が出てボールの取られ方が良くなかったりして、難しいゲームにしてしまった。
このチームは、サイドバックの出来がゲームに与える影響が大きい。
ここ全北で勝てたことは自信になるが、もっと点が取れたと思う。次はもっと良いゲームができるように準備したい」

「Jリーグとは異なる厳しい戦いだと思い、より集中して試合に臨みました。
ミスをしても、そこからどんどん学んでいかないといけません。ですから今日起きたミスは、次の試合では起こさないようにしていかないといけないと思います。
(相手の全北は)すごく強いチームだと思いました。特にフィジカル的に強い。身長の高い選手が揃っていますし、技術の高い選手も何人かいました。
でも我々は、日本でも見せていた自分たちのサッカーを、リズム良く1試合を通してできたと思う。みんなのおかげで勝利を実現できたと思います」

フォトギャラリー