Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第28節 vsジュビロ磐田

前半レポート

 残り7節、前節に続いてのアウェイゲームでジュビロ磐田と戦う。F・マリノスの先発は前節出場停止だった喜田とティーラトンが戻り、その他の9人は前節と同じメンバー。ただFWは右に仲川、センターにはエリキが入った。
 試合はF・マリノスのキックオフで始まる。序盤、F・マリノスが仕掛ける。2分・マルコス ジュニオールのパスからエリキが走ってCKをゲット、続いて3分には仲川のドリブル、クロスをマテウスが狙う。5分には右サイドで競り勝ったエリキが折り返す。ただ磐田の激しいプレッシングにF・マリノスらしいポゼッションは展開できず、決定機は訪れない。
 飲水タイム後、F・マリノスは前線へのシンプルなパスからチャンスを広げる。26分、マルコス ジュニオールのタテパスを喜田がスルーしてエリキに渡る。そして30分、松原のスルーパスで抜け出した仲川が持ち上がり、アタッカーが詰めていたゴール前へグラウンダーのクロスを送ると、相手DFのオウンゴールに。
 先制に成功したF・マリノスは、33分・扇原のパスからマテウスのサイドアタック、34分・仲川のミドルなど畳み掛けるが、追加点は奪えない。アディショナルタイム、相手DFのパスを仲川が高い位置で奪い、マルコス ジュニオールへ渡すが、惜しくもオフサイドに。前半、1‐0で折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「セカンドボールの所が大事。強さを出していこう。
アラートに。準備すること。
ワンタッチ、ツータッチでどんどんボールを繋ごう」

後半レポート

 2分、まずチアゴ マルチンスが意欲的なオーバーラップを披露。裏を狙ったエリキへボールを送る。その1分後には磐田が速い攻めから鋭いクロス。これは喜田がジャンプしてヘッドでクリア。7分はF・マリノスの攻撃、前半の先制シーンと同じように松原と仲川のコンビネーションプレー。仲川がダイレクトで折り返しのボールを入れた。
 徐々にF・マリノスらしいポゼッションが見られ、相手陣内での時間が増えていく。17分にはショートカウンター、仲川のパスがマルコス ジュニオールに渡るが、これはオフサイドに。
 18分、追加点を狙うF・マリノスは最初の選手交代で遠藤を前線に送る。20分、喜田が相手DFのパスを奪って持ち上がり右足シュート。惜しくもポスト右に外れた。24分にはティーラトンが好守備、素早く戻ってスルーパスで裏に出た相手アタッカーをストップした。
 飲水タイム後、F・マリノスは攻勢を強める。29分、ティーラトンの強烈な直接FK、ゴール右に向かったが、相手GKに阻まれた。32分、2人目の選手交代で渡辺がイン。33分には、右からのクロスに遠藤が飛び込んだが、ゴールには至らない。遠藤は左ポストに激突してしまった。F・マリノスベンチは3人目の交代カードを切り、高野が遠藤のポジションに入る。
 そして42分、高野のサイドチェンジの好フィードを、右で仲川が受けとる。仲川はペナルティーエリアに右から持ち込むと、思い切って右足シュート。ボールは鮮やかに左サイドネットに飛び込んだ。
 アディショナルタイムは7分、F・マリノスはボールを握り、安定したゲーム運びを続ける。そしてタイムアップ。後半、相手シュートを1本だけに抑えての完封勝利。勝点を52に伸ばした。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「リーグ終盤のこの時期は、どのチームも勝点3を取ろうという思いが非常に強く、チャレンジングな展開になりました。我々も勝点3を取ろうという強い気持ちで臨みました。アウェイで勝点3を取れたことはすごく良かったと思います。
ですが、もっともっと自分たちのサッカーはできたと思います。特に前半はなかなかコントロールできず、相手のペースになってしまった部分もありました。けれども後半は、たくさんチャンスをつくった中でしっかり決めることができました。
もっともっとできたはずですが、アディショナルタイムを含めてフルタイム、本当に選手たちが全力を出し切ってくれました。その点は、誇りに思います」

質問:仲川選手をセンターではなく右で起用しました。その理由を教えてください。
「今日のこのアウェイのジュビロのホームスタジアムは観客席が近く見えます。タイトに感じられるスタジアムです。
そこで自分は、今日に関しては、いつもセンターで使っている仲川とサイドバックの松原との関係性を組んだ方が面白くいくのではないかと考えました。
そしてエリキは、サイドでもセンターでもできる選手です。エリキが、非常に機能した部分もありました。
仲川に関しても、サイドから2点に絡みました。自分たちの前線の選手たちは、本当に流動的にできる選手たちがそろっていると思います」

質問:遠藤のケガの状態を教えてください。
「まだ詳細を聞いていません。チームドクターと一緒に病院に行ったということです」

質問:今日、誕生日を迎えた扇原選手の評価を教えてください。
「まず最初に『誕生日おめでとう!』と言いたいです。
彼と、コンビを組んでいる喜田、2人とも理解度という部分もすごくいいですし、コントロールする部分を担う重要なポジションで本当に機能して上手くプレーしてくれています。
直近の2週間に関しては、コントロールという点ではなかなか難しい部分がありましたけれど、本当に毎日ハードワークしてくれていますし、成長していこうという意欲も十分うかがえます。
2人はチームではゲームキャプテンを務めていますが、オン・ザ・ピッチも、オフ・ザ・ピッチも選手たちの良い見本になってくれています。もちろん2人だけでなく、全員が戦う意識を持って、毎日取り組んでくれています」

質問:前半、得点を奪うまで、ゲームをコントロールし切れなかったのは、暑さを含めてのゲームプラン的な面もあったのでしょうか?
「そこは、自分たちから引き起こしてしまった部分が多いと思います。やはり、このリーグ終盤という時期になってくると、1試合1試合の重要性は、より高くなります。そういう部分で選手たちが力んだり、焦りが出てしまうと、コントロールという面で見失ってしまう部分が多いのかもしれません。
その中でチャンスをつくったり、しっかりできた部分もあったのですけれども、せっかくボールを持ったのに、失う場面が少し多かったと思います。
前に行くという意識が皆にありますし、それがしっかりできれば、相手は止めることは難しいと思います。
ただ自分たちは若いチームですから、まだまだ成長の段階だと思います。日々成長することによって、また前に進んでいかなければなりません。
ですが結果的には、失点せずゼロでしっかり抑え、アウェイの地でコントロールもし、2-0で勝ちました、勝点3を取れたのは重要なことだと思います。本当に良くやってくれたと思っています」

試合後コメント

「暑い気候もあって、僕も最後足をつってしまって情けなかったんですけど、今日は前半が良くない内容のなかでもしっかり勝点3が取れたことは、チームとして成長したところかなと思います。
前半はプレスが機能しなかったり、自分たちのボールになっても前に急ぎすぎてしまった。もっともっとボールを握らなきゃいけない展開でした。
点を取られなければ、絶対に自分たちは点を取れるという自信があります。今の時期に勝点3が取れたことも、自信になりました」

「自分たちがプレッシャーを掛けにいっても、そこでボールを取れなかったりした。球際とかでボールが転がって、そこで攻め込まれるシーンが前半にあったので、そこはちょっと苦しかった。
しかし結局は無失点ですし、みんなゴール前でガシガシ体を張っていたので、ゴール前の部分に関しては良かったんじゃないとか思います」

「(今日は)右サイドだとか中だからとか、やることは変わらない。ケンとのコンビネーションというか裏に抜ける動きというのは、去年から続けてきていた。それがいい形で表れたのかなと思います。
(1点目は)狙っているところだし、阿吽の呼吸に近い。1点取れたので自分たちのペースというか、優位に立てたのかなと思います。
(2点目のシュートはクロスに近かった?)いや、シュートですけど、チームとしてああいう角度になった時は、ファーサイドに打つ練習をしているので。枠からずれても味方が触ればゴールになる可能性もある。狙い通りですね」

フォトギャラリー