Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第19節 vs浦和レッズ

前半レポート

 2位のF・マリノスが、ホームゲーム6連勝をかけて浦和レッズと戦う。浦和とは今季アウェイの対戦で3-0の完封勝利をおさめている。F・マリノスの先発は、中盤に5試合ぶりの出場となる扇原が入り、その他の10人は前節と同じメンバーで臨む。
 浦和のキックオフで始まった試合、ともに自陣でビルドアップしてから前線への展開を狙う。だが5分を回るとF・マリノスがポゼッションで優位に立ち、チャンスをつくり出す。6分・遠藤のクロスに続き、8分には右・喜田、左・ティーラトンと連続クロス、ワイドな攻撃を仕掛ける。さらに9分、センターサークル付近でボールを奪うとタテへ入れ、最後は仲川がこの試合のファーストシュートを放った。
 その後もF・マリノスのペースが続き、11分・右CKからエジガル ジュニオがヘディングシュート。続いて13分、16分、17分、23分にも浦和ゴールに迫った。ゲームをコントロールするF・マリノスは、浦和にボールの奪い所を与えず、連動してパスをつなぐ。31分にはクロスバーに当たったシーンがあったものの、すぐに立て直してオフェンスに移り、34分にはスピーディーな流れから遠藤が左から持ち上がった。
 そして38分、相手がボールを失ったところを見逃さずティーラトンが拾って遠藤へパス。遠藤が右足で受けて素早くターンし左足振り抜くと、ボールは鮮やかに右サイドネットに飛び込んだ。遠藤の今季初ゴールで先制に成功したF・マリノスは、その後も安定した攻守を展開、1-0で前半を折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「後半、相手は立ち上がり10分アグレッシブに来る。集中を切らさないこと。
慌てずに、相手陣地でボールを左右に動かして攻撃していこう。
裏のスペースは必ず生まれるので、そこを突いていこう」

後半レポート

 スタート直後、追いかける浦和が前に出てくる。F・マリノスは落ち着いて受け、決定機を許さない。1分のクロスは畠中がクリア、4分のクロスはパク イルギュがジャンプして好捕する。パク イルギュは6分のカウンターからの局面も、判断良く前に出てセーブ。
 序盤の攻勢をしのいだF・マリノスは反撃に転じ、7分、遠藤がクロス。リバウンドを広瀬がミドルシュートを狙った。そして14分、相手のカウンターからのパスをチアゴ マルチンスがカット。そしてオフェンスに移る。遠藤が左からドリブル。そしてクロスを送ると仲川が右足でフィニッシュした。しかし、この追加点の後、レフェリーが両軍ベンチに向かうなどして、再開まで数分間を要した。
 ようやくリスタートとなってから、両チームは、よりアグレッシブに攻め合い、ややオープンな展開に。そして24分、浦和のクロスをF・マリノスDFがクリアできず、オウンゴールで1点を返された。
 2-1と1点差になり、30分、F・マリノスは最初の選手交代で三好を送る。三好は39分、ドリブルでペナルティーエリア内に持ち込むとシュート。これが相手DFのハンドを誘い、ホイッスルが鳴った。このPKをエジガル ジュニオが冷静に左スミに流し込み、F・マリノスは再びリードを2点に広げる。
 その後、F・マリノスは42分・大津、アディショナルタイム・李と選手交代を交えながらゲームをコントロール。50分・大津、51分・喜田が中盤で相手ボールを奪うなどチャンスの芽を摘み取り、タイムアップを迎えた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「自分としては、本当に良い試合ができたと思っています。
特に前半ですが、しっかりボールを支配し、しっかりコントロールできた部分がありましたし、チャンスもつくれて、そして良いゴールも生まれました。
後半に入って、ちょっとオープンな展開にはなってしまいました。もちろん相手はリスクを負って前に出て来て、前からプレッシャーをかけて来ました。それでも自分たちはより多くのチャンスをつくり、そして相手よりも多くゴールを奪い、勝利を勝ち取ることができました。本当に嬉しく思います」

質問:2点目のシーン後の中断で、レフェリーとどういう話があったのでしょうか?
「あそこの部分に関しては、何を話したのかというのは差し控えたいと思います。
レフェリーは今日、本当に大変な仕事をしたと思っています。自分たちは常に判定をリスペクトし、判定がどう下されようが、自分たちはそれに従ってやるだけだと思います。
皆さんもおわかりだと思いますが、自分たちのサッカーは、常にボールを止めたくないというサッカーです。ですからリスタートも素早くしたいというところがありました。ですので、判断を下されたのであれば、すぐにボールをセットしてリスタートしてほしかったというだけです」

質問:エキサイティングなサッカーをしているF・マリノスの指揮官として、試合中のホットな姿とは対照的に、試合後の会見は非常にクールですが、その点について、ご自身はどう考えていますか?
「スタジアムから去って家に戻っても、私の様子にはギャップがあると思います。
自分は試合の中では常に興奮していますし、情熱を持って試合に向かっています。試合が終われば、落ち着いて頭の中を整理して分析をしています。
とにかく自分は、このサッカーという仕事に関しては、指導者として情熱を持ってやっています。選手がエキサイティングなゲームをするように、そして観ている方にもそれが伝わるようにやっていきたいと思っています。
自分の中では、90分しかない試合の中で、1分でも1秒でも無駄に過ごしたくないというのがあります。そんな一生懸命さが、ピッチに出ているのではないかと思います。
こういう会見の席で皆さんに笑顔をお見せするのは、それはシーズンが終わってからお見せできればいいと思っています」

質問:前半、相手のクロスからバーに当たったシーンがあり、逆にF・マリノスは相手のミスを見逃さずにゴールを奪って1-0で折り返しました。もし0-0で折り返したら、どういう指示をしましたか?
「もし前半、0-0だったらということですが、別にスコアうんぬんに影響されなかったと思います。たしかにバーに当たりましたが、その前にも自分たちはたくさんチャンスをつくっていました。
0-0だとしても、自分が選手たちにかけるメッセージは変わらなかったと思います。皆さんはF・マリノスのサッカーはパスサッカーだとみていると思いますが、1点取ったシーンは、我々がプレッシャーをかけたところからだと思います。
そのプレッシャーをかけた後のカウンターというところでも、自分たちは、より危険なチームになっていると思います。すごく成長しているかなというところでもあります。プレッシャーをかけているから、取られた後に取り返しにいくことができているのだと思います。そういう部分が出せた試合だったと思います」

質問:天野選手がいなくなって、この試合では扇原選手を起用しましたが、それによってF・マリノスのサッカーは変化したでしょうか?
「もちろん二人のプレースタイルには、大きな違いがあります。天野には天野の、扇原には扇原の良さがあると思います。
ただ、それには関係なく、自分たちのサッカーにはテンポという部分が非常に重要です。ボールを動かす速さ、そしてリズムが大事だと思います。そのポイントとなるポジションであるボランチには喜田もいます。天野と扇原も同じボランチでプレーするのですが、そこに求めるのは、出して動く・出して動くという繰り返しです。
扇原に関しては、ケガで約6週間、離れていました。しかし、そこからしっかり戻って来てくれて、天野の移籍後にタイミング良く間に合ってくれて良かったと思います。まだまだ彼も成長段階にあると思います。
ただ我々は、誰が出ても出なくてもチームとしては大きな影響はありません。なぜなら、やっていくサッカーは変わらないからです。これを続けていくことが、これからもチーム全体として大事になっていくと思います」

試合後コメント

「今日は、審判の判定など、いろいろなことがありましたが、勝点3が取れて良かったです。
(PKを蹴るシーンでは)相手のキーパーは最後の最後まで僕を見ていたので難しかったのですが、いいタイミングのずらし方ができたので良かったです。
ホームゲームでは、サポーターの応援を味方にできるのが心強いです。自分たちのサッカーを今日も変わらずに見せることができました」

「自分たちのペースでサッカーができましたし、自分が入ってからも落ち着いて、チームに貢献できたかなと思います。自分に与えられた仕事、やるべきことを把握して、チームのためにハードワークできたと思いました。
今日もベンチメンバーだけでなく、試合に来られなかった選手たちも含めて、一体感があるチームになっているなと感じます」

「前半はチームとしていいボールの回し方だったり、いい攻撃ができていた。前半はすごくいい内容だった中で、1点しか取れなかったのが、後半に入って苦しい展開を招いたと思うので、ああいう展開で2,点、3点と取れるようにやっていけたらいい。
後半にバタバタした時間帯というのはあったので、そこは修正していかないといけないかなと思います」

フォトギャラリー