Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第9節 vs鹿島アントラーズ

前半レポート

 GW期間中のホームゲームは、日産スタジアムに鹿島アントラーズを迎える好カード。今月5日の浦和レッズ戦以来3試合ぶりのリーグ戦勝利を目指すF・マリノスは、GKにパク イルギュ、DFラインは右サイドバックに広瀬・左は和田が起用された。
 F・マリノスのキックオフで始まる。立ち上がり、まず鹿島がサイドから仕掛けてこの試合最初のCKをゲット。しかし、このCKを空中戦で競り勝ちクリアすると、F・マリノスは反撃。4分、遠藤がカットインから左しシュートを放ち、7分にはマルコス ジュニオールが果敢にドリブル突破を狙う。
 8分からは鹿島の攻め。CKからのヘディングシュートがクロスバーを叩いたのに続き、10分には鋭いクロスを入れる。だが、ここは畠中がしっかりクリア。しかし、その1分後、安西にサイドからえぐられ、先制ゴールを流し込まれてしまった。
 リードされたF・マリノスは、安定感のあるポゼッションから多彩な攻撃で鹿島ゴールに向かう。14分・三好のラストパスに天野が走り込み、18分には広瀬のスルーパスをマルコス ジュニオールと仲川が狙う。さらに21分・遠藤のクロス、24分・仲川のパスを受けたマルコス ジュニオールのドリブル。だが鹿島の堅守に、ゴールが奪えない。29分には三好が天野とのワンツーからシュートを打ったが、ブロックされてCKに。
 その後も42分、天野の直接FKなど惜しいシュートもあったが、鹿島の集中したディフェンスに決定的なシーンがなかなかつくれず、1点のビハインドで前半を折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「空いたスペースをアグレッシブに使っていくこと。
ペナルティーエリアに入っていく動きと人数を増やそう。
短いパスを繋いで、もっと相手を動かしていこう」

後半レポート

 F・マリノスは、スタートからアグレッシブに鹿島陣内に攻め込む。2分、左CKからの二次攻撃、広瀬がミドルシュート。こぼれたところを仲川が詰めたがGKの好守に阻まれる。3分・遠藤の折り返し、5分・連続攻撃から和田のクロスに続き7分、仲川がドリブルを仕掛けてペナルティー内で倒れたが、ここはノーホイッスル。
 18分には、F・マリノスが好ディフェンスを披露。鹿島がカウンターからいい形をつくる流れだったが、F・マリノスの選手たちが素早く戻り、アタッキングサードの前でペースダウンさせた。この直後、F・マリノスがギアを上げる。20分・広瀬のミドルシュート、21分・遠藤のパスで仲川が左のスペースを狙い、23分には右CKからチアゴ マルチンスがヘディングシュートを合わせる。そして24分、三好のパスを受けた仲川が右から持ち込み、左足を振り抜くと、素晴らしい弾道が左サイドネットを捉えた。
 仲川の同点弾で追いついたF・マリノスは32分にピンチを迎え、ゴール前で三竿にダイレクトシュートを打たれたが、これをパク イルギュがファインセーブでストップする。そして34分に最初の選手交代(ドゥシャンがCBに)後、2点目を狙って鹿島ゴールに迫る。36分・縦パスを受けた遠藤のミドルシュートに続き、37分、広瀬のパスがマルコス ジュニオールへ。マルコス ジュニオールはマークにつかれながらも上手く体を使ってコースをつくり右足シュート。ボールはゴール左スミに飛び込んだ。
 逆転に成功したF・マリノスは、39分・扇原、45分・李と選手交代のカードを使いながら安定した攻守を続ける。アディショナルタイムも相手陣内にボールを運びながら、鹿島の反撃を許さず2-1で快勝。開幕戦以来今季2度目の逆転勝利で、勝点を「15」に伸ばした。  

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「試合全体を通して、勝利に値するサッカーができたと思っています。アグレッシブに戦い、そして数多くチャンスをつくれました。
さらに非常に大事だったのが、落ち着いてプレーしたという部分だと思います。非常に素晴らしい自分たちのサッカーができた試合でした」

質問:早い時間帯に失点して、なかなか決定的な場面がつくれない中、どういう形からゴールに結びつけるだろうと考えていましたか?
「もちろん相手が先制したので、自分たちが追わなければならない展開になってしまいました。自分たちが、速くボールを動かすことが大事だと思っていました。
また、彼らの守備は深い位置まで下がっていました。このように相手の守備が下がると、自分たちの前にスペースができます。そういうときは、スローテンポのサッカーになりやすいのですけれど、自分たちはスローにせず、より速くボールを回し、ボールを持っていない選手がしっかりと動き、前に走るとか、ボールが出たらすぐに反応して動くとかいうプレーを心掛けていました。それをしっかりできた部分も多かったと思います。
もちろん鹿島のやり方というのはあると思いますが、それによって自分たちはよりボールを保持することができましたし、スペースを上手く使って攻撃し、チャンスに結びつけることができました。全体的にいい形でサッカーができたと思います」

質問:鹿島の堅守に、前半はパスミスなど細かなミスが目についた印象もありますが、いかがでしたか?
「速いテンポでプレーすれば、やはりミスが起きる可能性は生じてしまいます。
ああいうふうに深い位置で守備をされてしまうと、通常はテンポがゆっくりで眠たくなるような試合展開になりやすいものです。ワンタッチ、ツータッチ、スリータッチ、フォータッチぐらいまでは、相手は奪いに来ないというシーンが多くなります。
そんな中、自分たちが心掛けたのは、速いテンポでボールを回すこと。そして、前にあるスペースへどんどん入っていくことでした。
速くプレーをすることでミスは目立ってしまうかもしれないのですが、ミスを起こした時にあきらめるのではなく、すぐにリアクションを起こしてボールを奪いにいく。そういう姿勢を選手たちが見せ続けてくれました。このように続けてプレーしようというのが、チームづくりをする上で自分たちが意識していることです。よくやってくれたと思っています」

質問:今日の鹿島のように堅守の相手に対して、パスで打開するのか、ドリブルで打開するのか、またはクロスやミドルシュートなど、これからF・マリノスが勝ち続けるためには、もっと変化のある攻撃も大事だと思うのですが、その点はいかがですか?
「そうですね。今は成長の過程であります。
家を作る段階にたとえれば、内部の格好良さだけを求めた家具等が、個々のシュートやドリブルだと思います。いくら内部が格好良くても、強い構造の家でなければすぐに壊れてしまうでしょう。
自分たちは、強い家を作りたいのです。そのために、まずやらなくてはいけないところを今、やり続けているのです。そこで選手たち自身が、自信を持った時に良い判断ができて、個々のシュートやドリブルがポイントになってくるのだと思います。
自分たちは今、まだ成長の過程でありますので、強い家を作るために、今しっかりとやらなければならないところを集中して、そこの成果を求めていきたいと思います。
前節の札幌戦はミスが目立ってしまって、ああいう結果になってしまいましたけれども、選手たちは下を向くことなく上を向いてやることが大事だと思っています。引き続き、自分たちは強い家を作るために、しっかりした土台を作らなければならないと思いますから、続けていきたいと思っています」

試合後コメント

「相手は前半から、あまりプレスに来なかったけれど、失点してしまったことで、より難しくなると思った。失点は痛かったけど、その時間帯から、ほぼ自分たちのサッカーができたと思います。
後半も攻め続けた結果、あの2得点で逆転勝利につながりました。
最近は、自分が、自分がという気持ちを出しすぎず、自分の結果より、チームの結果を大事に考えています。そうすれば、おのずと自分自身の結果につながると思うし、試合中の一つひとつのプレーを振り返ることなく、後悔のないプレーをしていきたいと思います」

「相手は思ったより引いてきて、先制されて難しくなると思いましたが、後半は(運動量が)結構落ちてきたので、うまく点が取れました。
純のところにボールが集まるので、うまくサポートしようと思いました。お互いの距離感を見ながら、自由にやらせてもらっているが、渓太の特徴を生かすために、もうちょっと工夫が必要かなと思います」

「相手が鹿島だからというわけでなく、チームとして負けられない試合でした。先制されたけど、前半から相手陣地に奥深く入り込めたので、ハーフタイムにもこれを続けていこうと思った。怖がらず、相手のイヤなところを突いて、1点取れたら勢いもつくと思いました。
課題となっている立ち上がり15分以内の失点を喫したけれど、そこから立て直して自分たちのサッカーができたことにチームとしての成長を感じました」

フォトギャラリー