Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 ルヴァンカップ グループステージ 第3節 vsV・ファーレン長崎

前半レポート

 ホームでルヴァンカップの初勝利を目指すF・マリノスは、5日前の浦和レッズ戦と先発11人すべて入れ替えた。右サイドバックには新加入の和田が入り、FWは右からイッペイ シノヅカ、山谷、遠藤の3人。
 気温約4℃、冷たい雨が降る厳しいコンディションの中、試合はV・ファーレン長崎のキックオフで始まった。
 長崎が激しく前からプレスをかけ、1分、2分とシュートを放つ。F・マリノスは5分過ぎから後方でワイドにパスをつなぎ、徐々にペースをつかむ。11分、イッペイ シノヅカが右から仕掛けてFKをゲットすると、16分から18分まで相手のクリアをマイボールにしながら分厚い攻撃を展開する。そして21分、遠藤のカットインで獲得したペナルティーエリア左外のFKを、イッペイ シノヅカが右足でシュート。これが右ポストに当たって跳ね返ったところを、山谷がきっちり左足でフィニッシュした。
 ルーキー山谷のJ公式戦初ゴールで先制に成功したF・マリノスは、その後もペースを渡さず好機をつくる。24分・イッペイ シノヅカのミドルシュートに続き30分、大津が右サイドを崩してCKを奪う。38分にはティーラトンの右CKからドゥシャン、大津が続けて至近距離から狙ったが、いずれも相手の懸命の守りに阻まれた。
 すると43分、カウンターからのクロスを決められ、同点に追いつかれる。アディショナルタイムに入り、このままタイで折り返すかと思われた48分、F・マリノスは左から崩して山谷がシュート。これがクロスバーに当たったところを詰めていたイッペイ シノヅカが、身体を投げ出しながらヘッド。ボールはゆっくりとネットに吸い込まれた。これで2-1と勝ち越し、前半を折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「テンポ良くつないでいこう。
スペースをついて行こう。
後半も集中を切らさず戦うこと」

後半レポート

 クロスからのヘディングで、後半も最初のシュートを打たれたF・マリノスだが、すぐに流れを引き戻し、両サイドを有効に使って長崎陣内に攻め込む。3分、遠藤が競り勝って左前方を走る山谷へ。山谷は粘ってクロスを送る。6分にも左サイドからのクロス、リバウンドを扇原が左足シュート。
 その後、長崎のチェイシングにやや押されたF・マリノスだが、14分・最初の選手交代で新加入の中川が加わるとギアを上げて攻勢に移る。16分・ゴール前での山田の右足シュートに続き、18分にはスピーデイーなつなぎからティーラトンが鋭いアーリークロス、CKを獲得。
 決定機こそ訪れないものの、F・マリノスは相手陣内にボールを運んで優位に展開する。そして34分に決定的な場面をつくる。イッペイ シノヅカの強烈なミドルシュートをGKが弾いたところを中川が右足でミート。しかしボールは惜しくもクロスバーを叩いた。
 追加点のチャンスを逃したF・マリノスだが、ボールを握って安定した攻守を続ける。しかしアディショナルタイム、まさかというシーンが待っていた。左サイドでボールを持ち上がっていったところをカットされ、すぐにゴール前にパスが通り、長崎の選手に渡る。GKと1対1の形から、同点ゴールを流し込まれ、直後に試合終了のホイッスル。
 F・マリノスは悔しい引き分けで初勝利ならず。勝点を1つ加えたものの4位のままで次節、2週間後に湘南ベルマーレと戦う。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「正直、残念な気持ちでいっぱいです。選手全員が、非常にハードワークをしてくれていましたし、ゴールを奪えるところもたくさんあったと思います。
ですが、ああいう最後の最後で失点をしてしまい同点になり、本当に残念な結果になりました」

試合後コメント

「(初めてF・マリノスの選手として試合をして)破綻させない程度にやれたかなと思います。周りが気を使ってくれたのも良かったです。
今日はやっていて距離感の悪さを感じました。ボールを受けて顔を上げたら、一人二人は味方がいるかなと思ったら、そうじゃなかったですし。
もう1、2点取れていれば試合を決められたと思うし、どちらかというと、F・マリノスというチームの課題はそこかなと思います」

MF26
イッペイ シノヅカ

「(2点に絡めた)今日の結果は、練習で頑張ってきたご褒美ですね。ただ、チームとして勝てなかったし、後半もチャンスがあったので、そこで決めていればもっと楽に試合に運べた。本当にもったいない感じですね。
(2点目のヘディングシュートは)正直、よくわからない感じでヘディングしたので、本当にご褒美的な形で入って良かったです」

「最後まで安全なプレーをして勝つということをやらないで、つないでいくのがチームの方針だけど、結局やっているのは選手。選手がつなぎにいっている中でリスクがあるけど、そこでミスして失点したわけで、チームのやり方が悪いわけではない。
最後の最後で、ラストワンプレーでああいう流れにしないようにするのは、選手の責任。内容はまだまだのところがいっぱいあったけど、とにかく結果が欲しかったなかで、あと一歩だった。ほんとに、そこは悔しかったです」

フォトギャラリー