Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第3節 vs川崎フロンターレ

前半レポート

 3連勝を目指すF・マリノスが、ホーム日産スタジアムに昨シーズンの王者・川崎フロンターレを迎え撃つ。F・マリノスの先発は前節から左サイドバック・ティーラトン、中盤に大津と2人替えた布陣で臨む。
 川崎Fは試合開始前にメンバー変更となり、MF大島に替わって田中が起用された。川崎Fのキックオフで始まった試合、いきなり0-0の均衡が破れる。F・マリノスの後方でのつなぎが乱れたところをレアンドロ ダミアンが逃さずフィニッシュ。
 先制されたF・マリノスは、いつものようにポゼッションしてリズムをつくりたいのだが、川崎Fが前から激しく寄せて来てパスが寸断されてしまう。10分・右サイドの仲川へのボールもタッチラインを割り、13分・広瀬からバイタルエリアの天野へ送られたが、厳しいマークで起点をつくらせてもらえない。
 20分、ようやく効果的な攻めの形、畠中の左サイドへのフィードが裏に走る天野に渡る。21分のピンチを飯倉のシュートストップで防いだ後の24分には、スピーディーな攻めで決定機を迎える。仲川が大津とのワンツーで右サイドをえぐっての折り返し。これをマルコス ジュニオールが右足でネットに突き刺した。
 マルコス ジュニオールのJリーグ初ゴールで追いついたF・マリノスは、流れをつかみ28分、天野のクロスをエジガル ジュニオがヘディングシュート。その後も両チームは奪い・奪われの激しい攻防を繰り広げる。37分、大津のクロスを天野がダイレクトシュート。44分には川崎Fに裏のスペースを突かれたが、仲川がよく戻りケア、シュートを打たせない。前半、1-1のタイで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備はプレスをかけ続けること。
攻撃は裏のスペースを有効に使っていくこと。
最後まで足を止めずに、連動して動き続けよう!」

後半レポート

 スタート直後からスピーディーな攻撃の応酬となる。3分、川崎Fのクロスを飯倉が判断よく前に出てキャッチ。4分、天野がミドルシュートを狙い、CKを獲得。6分には川崎F、レアンドロ ダミアンの強烈な一撃を飯倉が好セーブ。10分にはF・マリノスが連続攻撃から、大津が鋭いクロスをゴール前に送った。
 激しい攻防は続き、17分、畠中がクロスをスライディングでクリアすれば、その2分後にはF・マリノスのオフェンス。広瀬のクロスをエジガル ジュニオが空中戦で競り勝ちヘディングシュートを合わせた。さらに20分、大津が左サイドで粘り強くプレスしてボールを奪い、マルコス ジュニオールへ。マルコス ジュニオールのクロスをエジガル ジュニオが狙った。
 30分、F・マリノスは1人目の選手交代で扇原がイン。36分、ティーラトンのクロスの直後には2人目の交代を行い、遠藤がピッチに送られた。遠藤は42分、広瀬のクロスにヘディングシュートを合わせた。
 F・マリノスが押し気味かと思われた時間帯だったが、43分、川崎Fはクロスから折り返してレアンドロ ダミアンが勝ち越しゴールを決める。
 アディショナルタイムに入りF・マリノスは最後の交代カードを切ってFW李が投入される。スコアは動かず、時間は経過してのラストプレー。F・マリノスの左CK、GK飯倉もゴール前に上がっていった中、キッカー天野のボールを扇原がヘディングシュート。これが見事に決まった。
 F・マリノスは劇的な同点ゴールにより追いつき、勝点を7と伸ばして上位グループである3位に。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「全体的には、本当に良いゲームができたと自分では思っています。
川崎Fという良いチームを相手に、あのようなサッカーができたというのもそうですし、皆さんご存知のとおり、やはり両チームとも攻撃的なサッカーをするチームです。そこで2-2というのはフェアな結果ではないかと思います。
ただ、こういうゲームのなかから、自分たちはしっかりと学ばなければいけない部分だったり、成長しなければいけない部分を取り入れて、次に向けてしっかりと準備していきたいと思います」

質問:今日のプレッシング、ボールを奪うという部分については、どのように評価していますか?
「ほとんどの展開で、自分たちはプレスをかけられたと思います。
やはりプレスをかけるということは、後ろに大きなギャップが空いてしまうので、そこで特に川崎Fのようなボールを動かすのがすごくうまいチームに対しては、しっかり自分たちが良いタイミングでプレスにいかない限り、難しくなってしまいます。
攻撃だけではなくて、アグレッシブに守備のところもやるというのが自分たちのチームです。
川崎Fというチームは、常にボールの支配率が65%ぐらいあると思うのですけれど、自分たちが今日のようなサッカーをすることによって、相手を苦しめられたのではないかと思います。
ですので、全体的にいえば良いプレスができましたし、良い展開で試合を運ぶこともできたと思います 」

質問:前半は球際で優位に立てず、なかなかうまくボールをキープできなかったという印象がありますが、その点については、どう思っていますか?
「非常に強いチームである川崎Fを相手にした試合でした。自分も毎試合、川崎Fの試合をチェックしています。
川崎Fにボールを持たせてしまえば、川崎Fが簡単に相手陣内にボールを運ぶ回数は増えていきます。
我々F・マリノスはそうではなく、アグレッシブに前から行くことによって、川崎Fをゴール前に来させないようにという部分も含めて、プレスをかけていきました。
もちろん、完全な試合というのはまずありません。ミスは起きると思います。ですが、ただミスを引きづるのではなく、やり続けることが大事です。特に今日の後半は、自分たちがしっかりと行けたところでボールを奪い、相手のゴール前まで仕掛けることができました。
最終的な部分は判断だとは思うのですけれども、そういう小さなところですが、決め切れるのか決め切れないのかで試合結果は大きく変わります。ですが、その局面まで行けたというのは、大きな収穫だと思います。
そして、特にこういう川崎Fのような相手に2-2という結果は、先ほども言いましたが、フェアな結果ではないかと思っています」

質問:前半15分ぐらいに、大きな声と激しいアクションで指示をしていましたが、どのような内容だったのでしょうか?
「動きの中で、なかなかボールを前に持って行くことができない時間帯でした。もちろん早い時点で失点をしてしまい、相手に自信を持たせてしまったい時間帯だったと思います。
相手はもちろん、我々が後ろでボールを持った時にプレスに来ていました。それは我々のプレスとは、違ったプレスでした。ただプレスをかけてからの二度追い、三度追いという動きはなかった思います。そこで逆に相手をはがせれば、自分たちのチャンスになったと思います。
そういう部分で、周りの誰かがボールを持った時に、見ているのではなく全員がボールに関わっていくところをもう一度確認していくように、と指示を出しました。
川崎Fが前から来るということは分かっていましたから、自分たちがしっかりと自信を持ってやることだと思いますし、自分たちのやり方を信じてやっていくことだと思います」

試合後コメント

「クラシコみたいな試合をやることは、楽しめると思うし、すごくいいことだと思います。それと同時に難しい試合でした。相手もいいチームなのでクオリティーが高くて、なかなかすべてが思いどおりにはいかなかったです。
そういう中で勝てたかもしれないのですけど、最終的には引き分けて勝点1を獲れたのは良かったと思います」

「1点目の折り返したボールは、感覚です。腰を回すために二歩ぐらいステップを踏んで蹴りました。
クロスの前の大津選手とのパス交換を含め、あのプレーは練習の中からやっていますし、きついなと思いながら走っていますし(笑)。
あきらめずにというか、ああいった可能性のあるプレーを続けていけば点につながります。あの場面ではエジも、しっかりニアに走り込んでくれていました。それが流れてマルちゃんのところに行きました。皆、信じてプレーしていました。そこは、良くなってきている部分です。
ただ今日、自分はシュートを打っていないと思います。やはりゴールを決めなければ、と思います。
前半危ないシーンがありましたが、大樹くんが防いでくれたし、守備陣がプレスバックを頑張ってくれたので、最後に追いつくという結果になったと思います。
満足ではありませんし、やはりホームでフロンターレに勝ちたかったですけれど、最低限の勝点1という感じです」

「ウチは勝ちにいっての引き分けだったので、悔しいです。本当に勝てた試合だと思うし、勝たなきゃいけなかった。
でも最後、引き離された後に追いついたのは、去年にはなかったこと。負けの試合を引き分けにもっていけるのは、優勝するチームにとってすごく大事なことですから。
チームとしてフィットしている感はすごくあるので、どんどん重ねていければいいと思います」

フォトギャラリー