Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 ルヴァンカップ グループステージ 第1節 vs北海道コンサドーレ札幌

前半レポート

 ルヴァンカップは、ニッパツ三ツ沢球技場でのホームゲームからスタート。北海道コンサドーレ札幌を迎え撃つF・マリノスの先発は、リーグ戦からガラリと替えて、三好以外の10人が今季J公式戦の初スタメンとなる。なおゲームキャプテンは、扇原。
 試合はF・マリノスのキックオフで始まった。序盤からF・マリノスがポゼッションで優位に立ち札幌陣内に攻め込む。2分・イッペイ シノヅカが競り勝ち、大津へパス。5分には遠藤が左からえぐって折り返す。6分には、FKからの二次攻撃。
 リズムをつかんだF・マリノスは、さらにテンポを上げて好機をつくる。8分、攻撃のスイッチを入れてスピードアップ、三好のパスを受けた遠藤がサイドを快走。10分・遠藤のドリブルシュートに続き、13分・三好、20分・李、24分・三好とシュートを浴びせるがフィニッシュには届かない。
 その後、時おり札幌のカウンターを受ける場面はあったものの、流れは渡さない。だが0-0の均衡は破れず、前半を終了。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備は、前からしっかりプレスをかけよう。
攻撃は、サイドを有効に使っていこう。
ボールをキープして、テンポ良く動かしていこう」

後半レポート

 キックオフ直後に相手ゴール前へ持ち込んだF・マリノスだったが、4分に連続攻撃を受ける。まずサイドからの速いクロス、これはGKパクが好捕。最初のピンチを逃れたものの、さらにスピーディーなつなぎからラストパスを送られ、FWジェイに決められた。
 先制されたF・マリノスは、すぐに反撃。7分・ティーラトンのFK、9分・連続攻撃からイッペイ シノヅカのシュートなど、札幌ゴールに迫る。10分、今度は札幌のカウンターを受けるが、GKパクが好セーブ。この直後、F・マリノスの素晴らしいコンビネーションが札幌守備陣を崩し切る。三好が加速したドリブルで抜け出し、右前方へラストパス。これを李が中央へ折り返すと、このパスがフリーとなっていた大津祐樹へ渡る。大津は落ち着いて右足で決めた。
 追いついたF・マリノスはさらに畳み掛け、15分・ティーラトンのクロスから三好がつないで山田、18分・遠藤のドリブルシュートが右ポストに当たって跳ね返ったところを大津のダイレクトと決定機を連続させたが、フィニッシュには至らない。
 その後も23分・三好、25分・大津が狙うが、これもネットを揺らすことはできず。37分、F・マリノスは最初の選手交代で仲川がイン、逆転を目指すが、40分、43分のチャンスも実らず、アディショナルタイム(3分)に。FK、CKなどセットプレーで攻めたがスコアは動かず、タイムアップ。
 F・マリノスは相手の倍以上となる26本ものシュートを放つなどアグレッシブに攻め続けたが、2点目が奪えずドローでのスタートとなった。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「全体的に、本当に良いパフォーマンスができたと思います。90分を通してアグレッシブにできたと思いますし、チャンスもたくさんつくれていました。 最後のところが、自分たちで取れなかったところがありましたけれど、本当にチームとしては最高のパフォーマンスができたと思います。選手たちは、しっかりと本当に一生懸命に頑張ってくれたと思います」

質問:初出場の選手が多かったのですが、彼らの今日のパフォーマンスが、今後にどう生きてくると思いますか?
「とにかく自分たちのスタイルという部分を、今日のメンバーもしっかり出せました。今シーズン初めて出た選手が多かった中でも、自分たちのサッカーという部分をしっかり出してくれたと思いますし、スタートから90分を通してやれたと思います。 フィットネスという部分でも、まったく問題ありませんでした。 そしてチャンスをしっかりつくり出せましたし、誰がどうこうというのではなく、チーム全体がここまでできているんだという確認もできました。選手たち一人ひとりを見ながら、1試合1試合、しっかり戦っていきたいと思います」

試合後コメント

MF41
三好 康児

「リーグ戦とメンバーが変わったけれど、このチームは誰が出てもおかしくないレベルだし、チームとしてやることも変わらない。今日も、ボールを支配しながらゲームを進めることができていたと思う。
自分が決めていれば勝てていたので、負けに等しい引き分けだった。チームとして決定機は何度もつくれていた中で、最後の精度の部分が足りなかった」

「アジアカップから帰って来てF・マリノスに合流して、私にとってこれが最初の公式戦でしたので、ちょっと緊張しました。F・マリノスのサッカーに慣れるよう、持てる力は100%出したつもりです。何より90分間出られたことが嬉しかったです。
自分にとって、すべてが新しい。メンバーには、“もしかしたらミスするかもしれないから、カバーをよろしく”と言いました。
サポーターのコールには感動しましたし、ここが自分のホームなんだということが、声援を聞いて感じることができました」

「初戦ということもあり、ナイトゲームということもあり、難しい部分はあったなかで1-1という結果は、残念かもしれないけど、最悪、追いつけたことをポジティブに考えて次のゲームにつなげればいいんじゃないかと思う。
(ルヴァンカップ通算出場2位となって)マツさん(松田直樹氏)に追いつけたのは嬉しいし、マツさんはリードできないから、あとはオレが勝つだけなので(笑)」

フォトギャラリー