Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2019 明治安田J1 第1節 vsガンバ大阪

前半レポート


 シーズンの開幕戦・第1節、アウェイでガンバ大阪と対戦する。F・マリノスのスタメンには広瀬、高野、三好、エジカル ジュニオ、マルコス ジュニオールと5人の新加入選手が起用された。ゲームキャプテンを務めるのは天野。
 F・マリノスのキックオフで始まった試合は、いきなり点の取り合いで幕を開ける。先手を取ったのはホームのG大阪。1分、F・マリノス陣内でボールを奪い、ポストに当たって跳ね返ったところを小野瀬が決めた。
 先制されたF・マリノスだが、すぐにギアを上げてG大阪陣内に攻めかかる。そして3分、エジガル ジュニオが持ち込み、クリアボールを天野がブロック、右ポスト付近に詰めていた仲川が右足で流し入れた。
 この後も両チームは激しく相手ゴールに向かう。F・マリノスは11分マルコス ジュニオールのドリブル、12分・三好のパスから広瀬のクロス、13分・三好のパスをエジガル ジュニオがヘディングシュート。
 15分・18分とG大阪の攻めを飯倉の好守でしのぐと、オフェンスに移る。19分、21分、25分とG大阪ゴールに迫った。そして34分、中盤でリズムカルなつなぎから右に展開。天野が個人技でゴールライン際から折り返すと、最後は相手クリアを拾った三好がバイタルエリアから左足を振り抜く。素晴らしい一撃がゴール左スミのネットに突き刺さった。
 逆転したF・マリノスは、さらにその4分後の38分に縦パスから仲川がつなぎ、最後はエジガル ジュニオがGKの動きを良く見て右足でフワリと初ゴールを決めた。前半、F・マリノスは2点のアドバンテージで折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備はボールを奪われた時、集中して切り替えること。
攻撃はボールをキープして、相手陣地でプレーすること。
後半、最初の10分、しっかり集中すること」

後半レポート


 前半は裏のスペースを何度か使われていたF・マリノス「非常にF・マリノスらしいサッカーができたので、チームとして本当に良かったです。
ホーム開幕戦も今日みたいな試合を見せられるよう、チだったが、後半は守備バランスを修正する。最終ラインがしっかりと連携、G大阪は3分・5分・10分・11分と、立ち上がり約10分で4度オフサイドをとられた。
 そして攻撃に転じて12分、13分と天野を中心にペナルティーエリア内にボールを持ち込む。21分には、天野と三好が鮮やかなコンビネーションで左サイドを突いた。4点目は生まれないものの、相手陣内でプレーする時間を増やしていくF・マリノス。28分には仲川が右サイドからカットインし、ラストパスをマルコス ジュニオールへ。30分、最初の選手交代で遠藤が入る。
 32分・33分・35分とG大阪が攻撃を強めてきたが、ディフェンスが集中して跳ね返す。37分には2人目の選手交代を行い、新加入の李がピッチに送られた。43分、クリアを拾われて1点差に迫られたF・マリノスだが、ベンチは44分に3人目の交代選手・大津がイン。
 アディショナルタイム、最後はCKを連続して与えて相手GKまでゴール前に上がってきたものの、シュートを打たせることなくタイムアップを迎えた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「すごく良い試合が繰り広げられたと思いますし、良いスタートが切れました。
すごく試合の入り方も良かったですけれど、3点もすべてがすごく良いゴールだったと思います。良いボールの運び方ができたので、良いフィニッシュにつながったのだと思います」

質問:今日のゲームで昨シーズンからの進化を示せた部分はありましたか。
「まだ1試合終わったばかりですが、今日は新加入選手5人がスタメンで臨みました。今日の先発11人だけでなく、私のやろうとしているサッカーをできる選手たちがそろっていると思っています。
今日はミスも非常に多く、そういうところから失点も生まれてしまいました。そういう部分、ミスからしっかりと自分たちは学んで、次の試合に生かしたいと思っています。
ガンバさんも、去年、特に後半に強さを発揮して素晴らしいサッカーをしていたと思います。ガンバさんを含め、このJリーグは甘くないと思います。
3点は取りましたけれど、4点、5点、6点取れるチャンスがあった中でなかなか決め切れず、苦しい時間帯もあったのですけれども、次の試合に向けて調整して、学んでやっていきたいと思います」

質問:新加入の三好選手が、かなりフィットしていました。彼についての評価と、今後の可能性について教えてください。
「すごくタレント性のある面白い選手だと自分は思っています。今日、三好選手を使うことができて良かったです。
彼のプレーは札幌にいた時から注目していました。ユニークなプレーをできる選手です。狭い中でターンをしたりして、決定的な局面をつくり出す選手の一人ですし、素晴らしいポテンシャルを持つ若いプレーヤーだと思います。
今日は喜田選手、天野選手と組んでいろいろなプレーをしましたが、まだ加入してから1ヵ月ちょっとですから、さらに良いコンビネーションができていくと思いますし、楽しみにしています」

試合後コメント

DF16
高野 遼

「(復帰して開幕スタメン、そして勝利)正直、ホッとしたという気持ちが一番です。
前半も後半も、特に前半などは中に入ってボールをもらうケースが多かったので、そこでもう少し冷静にやれたらと思いました。しっかり周りを見て、落ち着いてやれれば問題はないと思います。ただ、もっと精度を上げていかないといけません。
今日はうまくいきましたけど、相手が変わったとき、自分もその時々で考えていかないといけないと思います」

「今日の試合は日本に来て初めての試合なので、すごく楽しみにしていました。監督の求めるプレーをチーム全体で体現できました。何より、勝利を手にできたことが嬉しいです。
ゴールに関しては、決めなきゃと気負ってはいません。ゴールとは、自然の流れの中で決まるものだと思います。何より、戦術的に質の高いプレーが大事。考えすぎずやっていけば、自然とゴールも生まれるものだと思っています」

MF10
天野 純

「開始早々の失点は驚きでしたけど、あれでスイッチが入ったというか。3点ともF・マリノスらしい崩しができたと思います。去年はサイド一辺倒だったけど、今日は中央でのコンビネーションもできた。相手も捕まえられないというか、ディフェンダーの指示を聞いていても、どう止めたらいいか戸惑っているみたいでした。
(三好)康児が入ったことでアイデアも増えた。康児の発信からオレ、そしてマルコスやテルも絡んで、前線の4人がいいコンビネーションをつくることができました。
でも、オレ個人としての出来は30点くらいです。もっと上を目指していきたいと思います」

フォトギャラリー