Yokohama F・Marinos

NEWS

NEWS

10/10 横浜F・マリノス vs. 鹿島アントラーズ 試合の見どころ

試合 2018/10/09

いつも応援ありがとうございます。横浜F・マリノスです。明日は2018 JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ準決勝第1戦 鹿島アントラーズ戦が県立カシマサッカースタジアムにて行われます。 皆さまの熱い応援をよろしくお願いいたします!

2018 JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ
準決勝第1戦「横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ」

2018年10月10日(水)19:00キックオフ
会場:県立カシマサッカースタジアム
インターネット中継・TV放送:フジテレビTWO スカパー! スカパー!プレミアムサービス

明日の試合の見どころ

YBCルヴァンカップ準決勝の相手は、強豪・鹿島アントラーズ。決勝進出の座を巡っての2試合は、まずアウェイの第1戦からスタートする。
 今大会のF・マリノスは、プレーオフステージ、プライムステージ準々決勝とも、第1戦で4ゴールを奪っている。この大きなアドバンテージで2戦目を優位な状況で迎え、危なげなく勝ち進んだ。
 ポステコグルー監督の掲げた『アタッキング・フットボール』を十分に実践できた結果といえるだろう。もちろん相手が鹿島としても、目指す攻撃的なサッカーを貫こうと主導権を握る戦いをしてくれるはずだ。ただ、それと同時に、2戦トータルで接戦を勝ち切るゲームプランも頭に描いているのではないか。
 鹿島は、今シーズンのリーグ戦で15位に順位を落とすなど(11節終了時)前半戦は苦しんだが、徐々に攻守のバランスを改善して3位に上昇。またACLは日本勢で唯一、グループステージを突破して準決勝進出と、持ち前の勝負強さを発揮している。鹿島の勝負強さと、F・マリノスの攻撃力の激突となる。
 今季リーグ戦での対戦が象徴的だった。ホームはF・マリノスの決定力が冴えて3-0の勝利。アウェイでは鹿島が手堅くリードをキープして1-0で白星を挙げている。鹿島としては、ホームでアドバンテージをつかみ、アウェイに臨みたいはず。F・マリノスが、ゲームコントロールして鹿島のプランを崩したい。
 なおF・マリノスが決勝に進出すれば、2001年以来2度目。このリーグカップ戦では準決勝の壁を破れなかったケースが7度もあるなど、“鬼門”となっている。この壁を破るべく、第1戦から勝利をつかもう!

[対戦相手]
 最も多くのJタイトルを獲得している強豪。ルヴァンカップ(リーグカップ戦)は優勝6回、準優勝3回という実績を残している。昨年は準々決勝から登場したが、ベガルタ仙台に1勝1敗のタイながら得失点差で敗退。2016年はグループステージ6位でノックアウトステージ進出を逃している。

[過去の対戦成績]
リーグカップ戦 10戦:5勝1分4敗(19得点/16失点)
J1リーグ戦 58戦:21勝8分29敗(75得点/87失点)

[現在の両チームの成績]
横浜F・マリノス 10戦:6勝3分1敗(22得点/12失点)
鹿島アントラーズ 2戦:1勝1分(4得点/2失点)