Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2018 ルヴァンカップ プレーオフステージ 第2戦 vsヴィッセル神戸

前半レポート

 ノックアウトステージ進出をかけて行われる第2戦、アウェイでヴィッセル神戸と対戦する。2点のアドバンテージで乗り込んだF・マリノスのスタメンは、FWにユン イルロクが入った以外は水曜日の第1戦と同じ10人。  試合は神戸のキックオフで始まる。立ち上がり、F・マリノスはしっかりボールを握って神戸陣内に攻め込む。2分・山中から仲川へのサイドチェンジのロングパスが渡ると、4分・9分・11分とアグレッシブに仕掛けてFKを獲得。12分には天野のパスを受けた山中がドリブル突破を試みてCKをゲットする。  F・マリノスが優位に試合を進めていたのだが、この1分後、自陣でのビルドアップが乱れたところを突かれて反撃を受ける。ミドルシュートがポストを直撃して跳ね返ったところを、神戸MF藤田にダイレクトで決められ、先制を許す。  リードされたF・マリノスは、19分、23分と攻撃の形をつくり、24分に絶好機が訪れる。山中がオーバーラップした金井へ展開。金井がが左の深いところから折り返すと、このパスがニアに走り込んだ扇原へ。扇原はフリーでシュートしたが、相手GKの好セーブに阻まれた。  その後もペースを握ったF・マリノスは、セットプレーなどで神戸ゴールに向かう。30分、天野の左からのグラウンダーのクロス。33分・山中のアーリークロスをファーの仲川が狙う。だが、フィニッシュには至らず、前半は0-1で折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「攻守の切り替えを素早く。 もっと全体のテンポを上げていこう。 マリノスのサッカーをやりきろう」

後半レポート

 この試合は1点のビハインドだが、トータルでは1点のアドバンテージをキープしているF・マリノスだが、迷わず、いつもの攻撃的なサッカーを目指す。  序盤から両サイドにボールを集め、突破からのチャンスメークを図る。5分、天野がラインの間に走って顔を出してパスを受けると、持ち上がって山中にパス。山中の折り返しを仲川が右、角度のない位置から右足シュートを放ったが、GKにセーブされた。その直後には、扇原がバイタルエリアからふわりと浮き球でのラストパス。ユン イルロクが走り込んだが、GKに抑えられる。  さらに7分・天野のFKから金井がヘディングシュートを合わせたがクロスバーの上へ。この直後にF・マリノスは最初の選手交代で、ゴールゲッターのヴィエイラを投入。13分、扇原がFKから直接シュートは狙うなど、F・マリノスのペースは変わらない。17分、F・マリノスは2人目の選手交代を行い、中町が中盤に入った。すると、1点が必要な神戸も勝負に出て二枚代えを敢行。  この勝負どころで発揮されたのが、ヴィエイラの決定力だった。21分、まず中町が左の大津に送り、大津がクロスを入れると、待っていたのがヴィエイラ。右足できっちりとミートして、ネットを揺らした。ヴィエイラの公式戦3試合連続ゴールによって1-1のタイに戻すとともに、トータルのアドバンテージ再び「2」に広げた。  ここからF・マリノスは、両サイドの幅を使いながら安定したビルドアップで、神戸にスキを与えない。そして、時折りスピードアップして縦パスなどを中心に相手ゴールを脅かす。40分にはヴィエイラがクロスをヘッドで合わせたが、これはクロスバーの上に外れた。  44分に3人目の選手交代でイッペイ シノヅカが入ってからもF・マリノスの流れは続き、4分のアディショナルタイムもフリーでのシュートシーンをつくらせない。そして神戸のヘディングシュートが枠を外れたところで試合終了のホイッスル。F・マリノスは1勝1分で、神戸を破りノックアウトステージ進出を決めた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「もちろんプレーオフステージを突破できたことは良かったのですけれども、それ以上に試合をかなりコントロールできたことが良かったと思っています。 前半、自分たちの一つのミスから失点してしまったのですけれども、後半は自分たちの方がチャンスをつくれていました。 相手が点を取らなければならない状況の中で、F・マリノスの方がどん欲に点を取りに行ってたのではないかと思います。その点は、選手を褒めたいし非常に良かったと思います。 ここ3、4週間、良い内容と良い結果が出てきていると思います。 中断期間もしっかりとトレーニングをして後期に向けて頑張りたいと思います」 質問:アドバンテージがある中での第2戦、どういうゲームプランを描いて臨みましたか? 「毎試合毎試合、変わることはありません。自分たちのサッカーである、攻撃的なサッカーを行って、良いパフォーマンスを発揮する。そのように、ここまで、ほぼ同じようなサッカーができていると思います」

試合後コメント

DF27
松原 健

「2戦合計のスコアは関係なく、まずはしっかり今日の試合を勝ちにいくという共通意識は、みんな持っていました。 試合全体を通して僕たちのほうが攻める時間が多かったし、後半は特に数的優位をつくれていた。自分たちの不用意なミスから失点して、結果はもったいない引き分けでした。 (前半戦を振り返ると)シーズン当初だったら、1点を先に取られると、僕たちもサポーターの皆さんも、負けちゃうのかなと思ったでしょうが、今は1点取られても2点、3点取り返せる力がついてきました。 キャンプでさらにスキルアップして、後半戦も自分たちの力を出していきたいです」

「(スタートはセンターFW、途中から左のウイングで、そこでウーゴの得点をアシスト)今日はあまり(中央では)スペースがなかったので、どちらかというと左のほうがボールがもらえるなと試合中に考えていました。そうしたら交代のタイミングで左にまわされた。その前から、ウーゴが真ん中というシチュエーションは考えていたし、いい準備ができたかなと思います。 ウーゴは、ああいう動きが得意だし、僕がターンした瞬間は中も見えていました。イメージがぴったり合いました。仲間を信じて良かったです。 今日は暑かったけど、みんな最後まで走り切れて、プレーが連動して一つになっていたと思います。自分としても、すごく自信がつきました」

DF13
金井 貢史

「(先に失点したが)それでもチームは慌てずに、絶対に点は取れると思ってやり続けた。 前線からみんな守備を頑張ってくれたので、1点に抑えられてよかったと思います。僕自身、佑二さんがカバーしてくれていたので思い切ってやるだけでした。 自身の出来は全然良くなかったけど、それでもチームが勝てたことが大きい。次につなげる試合ができたと思う。これで後半戦をサポーターがワクワクして迎えられたら嬉しいです」

フォトギャラリー