Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2018 天皇杯 2回戦 vsFC大阪

前半レポート

 天皇杯の第1戦目は、昨年同様に2回戦でFC大阪との顔合わせとなった。F・マリノスの先発は4日前のルヴァンカップから大幅に代えて、右サイドバックにバブンスキ―、中盤を和田・中町、吉尾で組む。前線はイッペイ シノヅカ、ヴィエイラ、ユン イルロクの3人。なおゲームキャプテンを務めるのはGK飯倉。  雨のニッパツ三ツ沢球技場、試合はF・マリノスのキックオフで始まる。3分、F・マリノスが先手を取った。左サイドで起点をつくり中央へ持ち込み中町がラストパスを送る。これを狙ったのがイッペイ シノヅカ。右足でミートしたボールはゴール右に飛び込んだ。  先制したF・マリノスはポゼッションして追加点を狙う。しかし8分、FC大阪が反撃。F・マリノスは自陣でボールを奪われ、クロスからのセカンドボールをフィニッシュされ同点にされた。  激しい攻撃の応酬は、その後も続く。2点目を挙げたのは、FC大阪。12分、FKからゴール前に飛び込んでタッチ、コースを変えたボールが右サイドネットに決まった。2-1と逆転したFC大阪は、18分にもカウンターから仕掛けたが、ここは飯倉が鋭く前に出てシュートをストップ。  20分、F・マリノスは飯倉のフィードにヴィエイラが裏に走る。ヴィエイラがマーカーに競り勝ってシュートに向かうと思われた瞬間、ヴィエイラは倒されてホイッスル。このプレーでFC大阪のDFがレッドカードを受け、退場となる。  数的優位になったF・マリノスは、FC大阪陣内でボールを回し好機をつくる。そして22分の右CK、バブンスキ―のキックをヴィエイラがヘディングシュート。これがゴール左へ飛び込み、2-2のタイスコアに。  この後もF・マリノスの攻勢は続く。27分、吉尾の左足シュートはDFに当たりCKに。32分には和田が右ポストを直撃する強烈なミドルシュートを放った。3点目を狙ってアグッレシブにボールを運んだF・マリノスだが、ゴールには至らず、前半は2-2で折り返す。

ハーフタイムコメント

後半レポート

 10人と1人少ないFC大阪が果敢に攻め、ジュニーニョが開始直後に思い切りのいいロングシュートを放つと、これがネットイン。この1分の得点により、FC大阪が3-2と再びリードを奪った。  追いかけるF・マリノスは5分、CKから栗原がシュート。9分に最初の選手交代でFW伊藤を投入すると、15分にもFW仲川をピッチに送って、より攻撃的にボールを動かす。だがFC大阪の4-4-1の守備ブロックを崩し切れない。20分、伊藤の鋭い左足シュートも、相手GKの好セーブに阻まれた。さらに22分・仲川のクロスは左へ流れ、26分・吉尾のシュートがクロスバーの上へ。  31分、F・マリノスベンチは3人目の交代を行い、天野が入った。するとその直後の32分、仲川のドリブルを起点に、天野がラストパス。これをヴィエイラが豪快に左足でネットに突き刺した。  3-3と試合を振り出しに戻したF・マリノスは、ここからじっくりと得点機を演出。36分・伊藤、37分・天野がシュート。そして38分には伊藤のパスをユン イルロクがフリーで右足を振り抜いたが、ボールはクロスバーをこえていく。  残り5分を切って延長戦のムードも漂い始めていた時間帯に、決勝ゴールが生まれた。素早く攻撃のスイッチを入れての速攻。山中からのパスを受けたヴィエイラが、ディフェンス引きつけてラストパス。このパスでGKと1対1となった伊藤が、GKの動きをよく見て右足シュート。コントロールされた一撃が見事にネットインし、4-3とついに勝ち越した。  アディショナルタイムは3分。F・マリノスは落ち着いて時間を使い、そのままタイムアップ。激しいゴールの奪い合いを制したF・マリノスは、7月22日の3回戦へ駒を進めた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「しっかり勝って次に進めるのはポジティブなことかもしれませんが、相手が頑張ったこともあり、難しい試合になってしまいました。 特に後半の相手の1本目のシュートを決められてしまい、より難しい展開になってしまったと思います」 質問:難しい試合にしてしまった具体的な原因は、何でしょうか? 「正直、今日のようなグラウンドコンディションを考えると、自分たちの目指しているサッカーをやるのは非常に難しいと思います。シンプルにダイレクトにやった方が楽なんですけれども、選手たちがそれでも最後まで自分たちのサッカーをやろうと頑張ってくれました。 内容に関してというより、今日は次のステージに進んだことだけがポジティブな点だと思います」 質問:違うカテゴリーの相手と戦う難しさはありましたか? 「カップ戦は、特に今日のようなコンディションを考えると波乱が起こりやすいと思います。相手もハードワークをしてゴールが決まるごとに自信をつけていったのではないでしょうか。 ただ自分たちもチャンスをしっかりとつくれていて、正直、それを決めていれば楽な試合になったとは思います。ただ先ほども言いましたけれども、ポジティブなところは次のステージに向かって進めるというところだったと思います」

試合後コメント

「攻撃のところでは自分たちのやりたいことはできていたし、シュートまでいくシーンも何回かつくれていた。 でも、守りのところでは奪われ方が悪かった。自分たちが前がかりになったところで、相手は少ないチャンスで簡単に決めてきた。 リーグ、ルヴァンを含めて、複数得点できていることはいいけれど、一方で複数失点もしているところは反省しなければいけない」

「(1点目は)あそこにいるということは、チームでみんなやっていることで、あそこの位置にいなければいけない。あそこにいて、ちゃんとボールが来て、ああやってフィニッシュを決められて良かったと思います」

MF8
中町 公祐

「相手がチャンスで点を決めて難しい展開になり、ピッチ状態も悪かった。けれども、攻撃をデザインしてゴールまで向かうことができたから奪えた4点だった。 失点シーンはある程度、理由もあるし、直せる部分はある。2回戦で(カテゴリーが下のチームに)負けているチームもあるなかで、最低限の結果は出せたと思う」

フォトギャラリー