Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2018 明治安田J1 第33節 vsサガン鳥栖

前半レポート

 2週間前のV・ファーレン長崎戦に続き、九州でのアウェイゲーム、サガン鳥栖との対戦。F・マリノスの先発は山中に代わり、左サイドバックにイッペイ シノヅカが起用された以外は長崎戦と同じメンバー。
 試合は鳥栖のキックオフで始まった。序盤から両チームとも積極的に仕掛け合う。2分、鳥栖がCKをゲットすると、4分にはF・マリノスが左サイドから遠藤がクロスを送る。6分には鳥栖の攻め、クロスがフェルナンド トーレスに渡ったが、F・マリノス守備陣がしっかりとケア、大津がシュートをブロック。9分・仲川のドリブル、10分・松原のパスから大津のシュートとF・マリノスが攻めると、17分には鳥栖がカウンターからサイドを突いたが、チアゴ マルチンスがスペースに動いてサイドに蹴り出した。
 その後、中盤でボールの奪いどころをつくって攻撃のスイッチを入れようとする両者だが、決定的な形は生まれず、やや試合はこう着する。しかし29分、0-0の均衡をF・マリノスが破る。右サイド、仲川がキープして前に動き出した大津へ。大津は態勢を崩しながらも巧く折り返す。これをゴール前の伊藤が右足シュート。ボールは左スミに決まった。
 伊藤の2試合連続・今季8点目で先制に成功したF・マリノスは、鳥栖の反撃を受けながらも集中した守備で決定機を与えず、ポゼッションの時間を増やしていく。41分には、シュートには持ち込めなかったもの、松原のロングパスに遠藤が走り込んだ。前半、1点のリードで折り返した。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備はロングボール、背後へのボールの対応をしっかりすること。
攻撃はスペースを有効に使うこと。
後半、圧力がさらに強くなるが、落ち着いて自分達のサッカーをしよう」

後半レポート

 序盤、互いにCKからチャンスを迎える。まず3分にはF・マリノス、天野のボールを伊藤がヘッドで合わせ、GKが弾いたところを遠藤が詰めたが、GKの好セーブに阻まれた。その1分後には鳥栖が、CKからのセカンドボールを強烈なシュートを打たれたが、飯倉が素晴らしい反応で防ぐ。
 選手交代も行い攻勢を強めてきた鳥栖に対し、F・マリノスは最終ラインが連携してこらえる。20分前後の分厚い攻めもクリアでしのぎ、22分のドリブルはチアゴ マルチンスが素早く戻ってバイタルエリアでストップ。その1分後の裏へのスルーパスは飯倉が判断良く前に出て抑えた。
 そして24分には反撃に転じ、イッペイ シノヅカのクロスからつないで仲川が右足でネットに突き刺したが、シュートの前にファウルを取られてノーゴールに。するとこの直後、ハンドでPKを取られた。これを金崎に決められて1-1の同点に。
 追いつかれたF・マリノスは、最初の選手交代で喜田が中盤に入る。30分のCK獲得など、攻撃のリズムが出始めたF・マリノスだったが、33分、スピーディーなパスがフェルナンド トーレスに渡り、逆転ゴールを奪われてしまった。
 今度は追いかける展開になったF・マリノスは、36分・ヴィエイラ、40分・久保とオフェンシブな選手を送って反撃に出た。しかしホームで懸命に守る鳥栖の守備陣を崩し切れない。
 アディショナルタイムは5分。前へ前へとボールを運び、鳥栖ゴールに迫るF・マリノスだったが、フリーでのシュートシーンをつくることはできず、このままタイムアップ。連勝ならなかったF・マリノスは、勝点を積み上げられず、順位を一つ下げた。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「相手も、強い意欲で勝ちに来たと思います。自分たちもしっかりハードワークをして、前半はイーブンな展開から、自分たちが先制点を取れました。
後半、2点目が入ったと思われたのですが、ファウルを取られて2-0になりませんでした。
そしてPKによって、試合の流れが変わってしまったのではないかと思います」

試合後コメント

DF27
松原 健

「相手は後がない状況で、相手のサッカーに飲み込まれてしまった。失点はアンラッキーだったかもしれないけど、その前にしっかりシンプルに弾き返すことをやっていれば、こういうことにはならなかった。
次は一年の最後の試合なので、しっかり勝って終わりたい」

「1対1の場面でもそうですし、こういう試合で相手が前からくるとわかっているなか、いろいろなところでボールの失い方が良くなかった。
最終戦はしっかり勝って、シーズンをいい形で締めくくって体を休めたいと思います」

FW16
伊藤 翔

「少ないチャンスのなかで点を取れたのは良かった。結構、劣勢のなかでのゴールだったので、チームとしては価値のあるゴールだったんですけど。なんとかそれを勝ちにつなげたかったのに残念でした。
最終戦は勝って気持ち良く終えたいのはもちろんだし、こういう厳しいシーズンのなかで、サポーターは一年通して応援してくれた。なんというのか、最後はいい思いをしてもらいたいです」

フォトギャラリー