Yokohama F・Marinos

レポート

REPORT

2018 明治安田J1 第23節 vs鹿島アントラーズ

前半レポート

 前節から中3日で迎える鹿島アントラーズとのアウェイゲーム。F・マリノスは先発を3人代え、DFに新外国籍プレーヤーのチアゴ マルチンス、FWに大津と伊藤。また新加入の畠中と久保がサブメンバーに入った。なおゲームキャプテンは扇原が務める。  F・マリノスのキックオフで試合はスタート。F・マリノスは前節に続き最終ラインは3バックに。ポゼッションして左・山中、右・松原で起点をつくっての展開を狙う。5分には、サイドの幅を使ったつなぎから、この試合最初のCKをゲット。7分には相手のパスを大津が奪って左の山中へ。山中がゴール前の伊藤にクロスを入れたが、DFにクリアされた。  15分を回ると鹿島が中盤での激しいボールへの寄せから前線へのタテパスを送るが、F・マリノスはしっかりしたマーキングなどで決定機を許さない。  その後も両チームの堅いディフェンスがアタッキングサードでの形をつくらせず、なかなかシュートを打たせない流れが続く。43分のF・マリノスは、裏のスペースへ出たロングパスを松原が追いかけたが、ボールはゴールラインを割る。前半は両チーム合わせてシュートは3本と、ともにディフェンスが安定、0-0で折り返す。

ハーフタイムコメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「守備デュエルで負けないこと。 攻撃は距離感を良くすること。 後半45分もマリノスのサッカーをやりきろう」

後半レポート

 3分、鹿島にスルーパスを入れられたが、チアゴ マルチンスが走り込むアタッカーをしっかりとマークしてボールをキープ。4分はF・マリノス、1対1で競り勝ってボールを奪い、大津のパスを受けた山中がクロスを送る。  しかしこの直後、鹿島CBがロングボールを入れる。このセカンドボールを遠藤が左足シュート。飯倉が反応してタッチしたが、強烈なシュートは飯倉の手を弾き、ボールはネットに吸い込まれた。  追いかけるF・マリノスはすぐ反撃に移り、5分・両サイドからクロスを連発して鹿島ゴールに迫る。だが決定的な場面には結びつかない。12分には鹿島がクロスを送るが、ここはドゥシャンが足を伸ばしてゴールラインの外に蹴り出した。14分、F・マリノスベンチが動いて2枚代えを行い、ヴィエイラとイッペイ シノヅカが登場する。  25分、右からヴィエイラが持ち込んで、こぼれたところを天野が右足シュート。28分にはヴィエイラがゴール前でボールを受けたが、厳しいマークにあってフィニッシュには至らず。35分にもヴィエイラは、天野のクロスをヘッドで合わせたが、ボールはクロスバーをこえた。そして41分、右からのFK。天野の鋭いライナーは右ポストを直撃して跳ね返った。  アディショナルタイムは6分、必死に攻めるF・マリノス。50分・51分のCKには飯倉もゴール前に上がる。しかし、最後まで鹿島の堅陣は崩せずタイムアップ。F・マリノスは今季3度目の完封負けとなった。 

横浜F・マリノス 試合後監督コメント

横浜F・マリノス アンジェ ポステコグルー

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー

「非常に難しい試合で、タイトな試合だったと思います。ある程度、互角の試合だったと思います。相手がチャンスを決めて、自分たちはチャンスを決め切れず、最後は残念な結果に終わりました」 質問:試合後にピッチで円陣を組んでいましたが、どういうことを話したのでしょうか? 「選手たちのことを誇らしく思うと言いました。もちろん結果は出なかったのですけれども、最後の1分、ラストプレーまで全員が出し切ったことを褒めたいと思う、誇らしいと思うというのを選手たちに伝えました。 監督としては敗戦に責任があるのですけれども、選手たちには最後の最後まで出し切ったことを誇らしく思うということを伝えました」 質問:連続出場が続いていた中澤選手をメンバーから外した意図というか、外した判断について教えてください。 「中澤選手に関しては、新加入のチアゴ マルチンスが入ったことによって、休ませるという狙いがありました」

試合後コメント

「F・マリノスに来て初めての試合なので、もっとコミュニケーションに苦労するかなと思いましたけど、周りがよく声をかけてくれました。この場を借りて、仲間に感謝の気持ちを伝えたいです。 日本でプレーしながら日本のサッカーを学ぶことで、自分自身、選手として成長したいと思います」

「チアゴは人に強いタイプの選手で、何度も跳ね返してくれたので、すごく頼もしく感じます。 ただ僕のところで数的優位がつくれていないので、個人で突破する回数を増やさないといけないと思います。 結果は今のところ出ていないけど、ポジティブにとらえて、一つになって進んでいくしかない。僕個人的には、デュエルで頑張って、サイドで数的優位をつくりたいと思います」

MF14
天野 純

「前半にシュートがゼロだったのは、ボールは持っているのに持たされていたからだし、ペナへの侵入もできなかった。 後半は修正できて、攻める展開も増えてきたが、前半からリスクを冒してどんどんいくべきでした。 アンカーがタカ一人だけで、俺や康太が降りて来て、絡みながら攻めていく、このシステムは選手の距離感も近いし、悪くないと思います」

フォトギャラリー