Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

第1回:鯖のみぞれ煮(遠藤渓太選手)

鯖のみぞれ煮

鯖は、煮てよし、焼いてよし、揚げてよしの、万能食材です。横浜F・マリノスの選手も好んで食べる魚の1つです。
栄養価が高いのが特徴で、特に不飽和脂肪酸(DHA, EPA)が豊富に含まれています。また、鯖には、血合いの部分が多いので、アスリートに必要な鉄もしっかりと摂取することが出来ます。皮の部分も栄養価が高いので、食べにくい場合は、パリっと焼くと食べやすいですね。

遠藤 渓太選手へのインタビュー

遠藤 渓太選手

「ご飯がすすむ料理が好き」という遠藤選手。バランスを考えながら食事をすることを心がけているので、魚も意識的に食べるようにしているようです。
鯖は、身が軟らかく、食べやすいそう。また、鮭や鯵よりも鯖の方が好きで、特にご飯がすすむ味付けだと、より一層好きとのこと。
鯖の味噌煮も大好きだけど、今回は大根おろしを使った「みぞれ煮」をチョイス。大根おろしで、脂ののった鯖もサッパリとするし、大根おろしは消化吸収を助ける働きがあるので、練習や試合で疲れた時も食べやすいそうです。

過去のコンテンツはこちら