Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

第15回:しょうが風味のかき玉うどん(遠藤渓太選手)

しょうが風味のかき玉うどん

温かいうどんは、遠征時、必ず軽食として提供されている一品ですが、スマイルテーブルでは、秋を過ぎたシーズン後半から少しずつ登場回数が増えてくる麺メニューです。また、この時期は、風邪の予防を意識しはじめる時期でもあるため、しょうがを使ったメニューは、身体を温めてくれる一品として、体調管理にも役立つメニューとなっています。

遠藤 渓太選手へのインタビュー

遠藤 渓太選手

「うどんは大好き」という遠藤選手。遠征時の軽食でもよく食べていて、冷たいうどんよりは温かいうどんの方が好きなんだとか。また遠征では提供されることがあまりない「かき玉」も大好きということで、スマイルテーブルでこのメニューがあるとよく選んでいるそうです。風邪はあまりひかないという遠藤選手ですが、この時期、乳酸菌などの食品は少し意識しているとか。また、オフの食生活について聞いてみたところ、魚や肉などバランスよく偏らないように食べることと、オフはシーズン中よりは消費エネルギー量が少なくなるため、野菜中心の食事を心がけるようにしているそうです。

過去のコンテンツはこちら