Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

第10回:麻婆豆腐(松原健選手・原田岳選手)

麻婆豆腐

スマイルテーブルでは、「ご飯が進むメニュー」が必ず1品用意されています。この中で、特に人気が高いメニューが今回ご紹介する麻婆豆腐です。試合前にご飯をしっかり食べてもらいたいという考えのもと提供回数が増えることもあります。のど越しがよい豆腐をメインにした麻婆豆腐は、にんにく、しょうが、にらなどの香味に、豆板醤などの辛味が加わり、食欲が落ちた時などにもご飯にかけると食べやすい一品になっています。

松原 健選手へのインタビュー

松原健選手

ハードだった連戦を終え、「今は疲労回復だけでなく、エネルギー補給を意識しています」という松原選手。試合前は、炭水化物を多く含む主食を2日くらい前から多めにとるように心がけ、前日には丼物を選ぶことも多いのだとか。元々辛すぎないスマイルテーブルのマイルドな麻婆豆腐がお気に入りとのこと。
そんな松原選手は、食べるメニューや種類はもちろんのこと、食べるタイミングを特に考えている食に対する意識が高い選手の一人です。昔は何でも食べていたそうですが、体組成について考えるようになり、試合日程にあわせて、期別で食べ物や食べ方を考えるようになったとか。この他、スマイルテーブルでは必ず肉料理と魚料理が用意されているため、F・マリノスに加入してからは、以前はあまり食べなかった魚料理も積極的に食べるようになったとのことでした。

原田 岳選手へのインタビュー

原田 岳選手

食欲がそそられる「ご飯に合うメニュー」についつい目がいってしまうという原田選手。麻婆豆腐一口分で、ご飯をしっかり食べている姿が印象的です。そんな原田選手は、とにかくよくご飯を食べる子どもだったとか。常にお茶碗3~4杯は食べていたそうです。そんな食生活もあってか、もの心ついた時からいつも身長はクラスで一番後ろだったそう。「当時は何も考えず、ただただ白米が好きで、ご飯をたくさん食べていましたが、今はサッカー選手として少し考えて食べるようになりました」とのこと。最近特に意識していることを尋ねたところ、食事の時間を考えるようになったのだとか。また、お風呂で疲れをとったり、質の良い睡眠を心がけたりと生活全般について貪欲に取り組むようになったそうです。「そのせいか、このところ疲労感が少なくなってきたような気もします」と感想を話してくれました。

過去のコンテンツはこちら