Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

第7回:野菜サラダ(鈴木彩貴選手・山田康太選手)

野菜サラダ

F・マリノスの選手が食事の際、必ず食べているものといえば「野菜サラダ」。
スマイルテーブルでは、毎食、サニーレタス、ブロッコリー、人参、オニオンスライス、プチトマト、海藻といった7~8種類の野菜に加え、煮卵、ミックスビーンズ、豆腐、チーズなど5~6種類のたんぱく質源となるトッピングや7~8種類のビネガーやドレッシングが提供されています。遠征先も同様で、野菜サラダは毎回たっぷり取り揃えてもらっていますが、ものすごいスピードでなくなっていくため、その様子を初めて見る遠征先の方々は、とても驚かれます。今回は、そんな選手たちのサラダ事情をご紹介します。

鈴木 彩貴選手へのインタビュー

鈴木 彩貴選手

スマイルテーブルや遠征先の食事会場でも、常にお皿にしっかり野菜を盛っている姿が印象的な鈴木選手。そんな彼のマストアイテムは、トマト、オニオンスライス、わかめ。ドレッシングは何もかけないか、かけるならバルサミコに塩こしょうというおしゃれな食べ方が定番です。
そんな日頃から食事に気を遣っているように感じる鈴木選手ですが、実は、この1年ほどで食生活が変わったとのこと。元々、食事や栄養に関する知識は持っていたようですが、練習環境のそばに食事をすぐにとれる場所がなかったそうです。F・マリノスに加入してからは、練習後すぐに食事ができる環境のため、その知識を食生活に活かすことができやすくなったそうです。

山田 康太選手へのインタビュー

山田 康太選手

「野菜サラダはサッカーを始めた頃から意識して食べています」そう答えるのは山田選手です。実家で生活していた時から野菜サラダは必ず食べていたそう。トップチームに昇格してからは、他の選手たちと一緒に、まずはサラダをしっかりとることからランチをスタートしています。そんな山田選手のお気に入りは、サニーレタスの他、ブロッコリー、トマト、オニオンスライス、豆腐が定番。彩りも豊かな美味しそうなサラダですね。また、元々好き嫌いはあまりないとのことですが、ここ最近は、夕食の時間が遅くならないよう、生活時間などに気を配るようになったそうです。

過去のコンテンツはこちら