Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

第4回:冷やし中華(山中亮輔選手・杉本大地選手)

冷やし中華

いよいよ夏本番。気温の高いコンディションのなかハードな練習後の食事では、ご飯をしっかり食べることが難しい時があります。そんな時、おすすめのメニューが、のどごしがよい冷たい麺料理です。スマイルテーブルでも5月頃から少しずつ登場し始めています。今回は、その中でも特に選手に人気の高い、さっぱりした冷やし中華をご紹介します。

山中 亮輔選手へのインタビュー

山中 亮輔選手

元々麺類が好きだという山中亮輔選手。そんな山中選手が夏になると食べたくなる麺料理が、さっぱり食べられる冷やし中華です。スマイルテーブルでも冷やし中華があるとわかると必ず選ぶとか。のどごしがよく、暑い夏でも食べやすいところがお気に入りとのこと。山中選手が選ぶおすすめの具材は、きゅうり、ハム、錦糸卵で、ゴマだれよりもさっぱりしたしょうゆだれの方が好みだそうです。

杉本 大地選手へのインタビュー

杉本 大地選手

杉本大地選手にとって冷やし中華といえば、小学生の頃におばあちゃんがよく作ってくれた家庭で食べる麺料理というイメージとのこと。今は、暑い時期の練習終わりに水分を補おうとすると、その後すぐに食事をしっかり食べることが難しいこともあるそう。そんな時、冷やし中華なら、主食である炭水化物も無理なくしっかりとれるためお気に入りだそうです。子供の頃は、マヨネーズをかけて食べていたそうですが、現在はオーソドックスな具材に、しょうゆだれをかけるいたってシンプルな冷やし中華が定番だそうです。

過去のコンテンツはこちら