Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

7月:高野 遼選手

高野 遼選手へのインタビュー

高野 遼選手

小学4年生から高校3年生まで育成組織で9年間プレーし、今シーズン、日本体育大学から横浜F・マリノスに加入した高野遼選手。4月にはプロA契約を締結し、今後のさらなる活躍が楽しみなルーキーです。
食堂で見かける高野選手の印象は、「クールで食べ物にもこだわりを持っていそう」なイメージですが、意外にも好き嫌いが多く、つい最近までトマト以外の野菜にはあまり手を伸ばさなかったそうです。
プロになってからは、ベテラン選手の食べ方などを見て、いろいろな食品を意識して食べるようにしたり、夜遅くに消化に時間がかかる「焼肉」を食べるのを控えるなど、食事にも気を配るようになったそうです。
そんな高野選手に好きな食べ物を尋ねてみると、しばらく考えてから「マグロ!」と答えがかえってきました。そこで、今月はマグロを使った夏にピッタリの一品をご紹介しましょう。

ズバリ!今月のおすすめ食材

ながいも

別名、やまいも、とろろいもとも呼ばれ、昔から、疲労回復や、食欲増進に効果があると言われています。
ながいもに含まれる酵素のジアスターゼは、ご飯などに含まれるでんぷんを分解し、ぬめり成分であるムチンやマンナンなどの食物繊維には胃の粘膜を保護する働きがあります。

まぐろと長いものどんぶり

1人分:エネルギー 552kcal / 鉄 1.8mg

まぐろと長いものどんぶり

材料(2人分)
まぐろ 150g
ながいも 100g
万能ねぎ 少々
オクラ 2本
スプラウト 少々
刻みのり 少々
いりごま 少々
ごはん 500g
わさび 少々
しょうゆ 適宜
レモン 1/4個
作り方
  • 1、ながいもは皮をむき、1cm角に切り水にさらす

  • 2、まぐろもなが芋と同様に1cm角に切る

  • 3、オクラは茹でて小口に切る

  • 4、どんぶりにごはん、刻みのりをのせ1、2を盛り付ける

  • 5、いりごま、小口切りにした万能ねぎ、スプラウトをトッピングする

  • 6、わさび醤油をかけていただく

メニューのポイント

良質のたんぱく質と鉄を含むまぐろに、消化を促すやまいもを加えた夏バテ予防と疲労回復におすすめの一品。酢飯にすれば、食欲がない時により食べやすくなります。

過去のコンテンツはこちら