Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

6月:原田 岳選手

原田 岳選手へのインタビュー

原田 岳選手

身長188cmと、チームの中でもひときわ背の高さが目立つのが、育成組織出身のルーキー原田 岳選手です。 「背を伸ばしたい!」と願う読者の中には、「何を食べれば大きくなれるのだろう?」と、興味津々の方も多いのではないでしょうか。
早速、原田選手に子供の頃の食生活について尋ねてみると、「子供の頃は、結構苦手なものがあって、食べたいものを食べていたんですよ・・・」と、意外な答えが返ってきました。それでも、ジュニアユースになってからは、「チームで用意された食事は残さないようにしよう」と、苦手な野菜にもチャレンジするようになり、食事の量もしっかり取ることを心掛けていたそうです。
そんな原田選手、毎年、夏になると「夏バテ」をしてしまうのが悩みなのだとか。そこで、今月は、原田選手の好きな麺類を使って、夏バテ予防にピッタリの冷やし中華をご紹介したいと思います。

ズバリ!今月のおすすめ食材

豚肉

夏バテと言えば「豚肉」、と言われるほど栄養価の高い食品。エネルギー源となる炭水化物(糖質)を効率よくエネルギーに変える際に欠かせないビタミンB1が豊富に含まれていますので、これからの季節、積極的にメニューに取り入れてみてください。

豚しゃぶのせ冷やし中華

1人分:エネルギー 642kcal / ビタミンB1 0.63mg

豚しゃぶのせ冷やし中華

材料(2人分)
中華麺 2玉
しゃぶしゃぶ用豚肉 160g
もやし 1/2袋
ベビーリーフ(もしくはレタス) 20g
ミニトマト 4個
ブロッコリースプラウト(もしくはかいわれ) 5g
錦糸卵
1個
砂糖 小さじ1
少々
ヘルシーリセッタ 小さじ1/4
たれ
米酢 大さじ1 1/2
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ1
大さじ1
日清純正香りひき立つごま油 大さじ1/2
作り方
  • 1、ごま油以外のたれの材料を鍋に入れ、ひと煮立ちさせ冷ましておく

  • 2、卵は砂糖、塩をまぜフライパンにヘルシーリセッタをひき、錦糸卵を作る

  • 3、もやしはさっとゆで、豚肉は酒、塩少々入れたお湯でゆでて、冷水にとり冷やす

  • 4、中華麺を茹でて、冷水で洗う

  • 5、皿に具材をのせ、食べる直前にごま油をたれに加えてかける

メニューのポイント

夏の定番の冷やし中華にビタミンB1たっぷりの豚肉をのせることで、夏バテ予防の一品に。ごま油は食べる直前に使うことで香りが引き立ち食欲をそそります。トッピングの野菜も栄養価の高いスプラウトなどの野菜を選ぶのもおすすめです。

過去のコンテンツはこちら