Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

8月:伊藤 翔選手 糖質コントロールで体脂肪ダウン

伊藤 翔選手へのインタビュー

伊藤 翔選手

フランスでのプレーキャリアがある伊藤 翔選手。その影響なのか、ワインもたしなみ、食堂でナイフとフォークを使って食事をする姿が、実に板に付いているFWの選手です。移籍して来た頃は、「野菜を食べると何かいいことあるの?」、と尋ねるぐらい、自分の好きな物を優先して食べていましたが、今シーズンは体脂肪をコントロールするため、必要以上に糖質の多い食品(主食、果物、根菜類、砂糖)を摂らないよう心がけているそうです(糖質を含む食品を全く食べていないわけではありませんので、誤解のないように)
そのお蔭で、体脂肪率は3%程度減り、「今のところ、疲れも溜まらず、動けるようになった」、とのこと。
激しい運動をするサッカー選手にとって、ご飯やパン、果物等に含まれる糖質は、脳と筋肉のエネルギー源となり、集中力や判断力、スタミナや瞬発力、スピードにも影響を及ぼしますので、極端な食事制限はしないように注意しましょう。
むしろ、糖質を含む食品を食べる際に、お酢や油、牛乳などを一緒に取ったり、食事の際に野菜を先に食べるなど、無理のない方法で血糖値の上昇を緩やかにする工夫を心掛けてみてはいかがでしょうか?

ズバリ!今月のおすすめ食材

押し麦

玄米よりも、更に食物繊維の豊富な押し麦。
ご飯に混ぜて炊くだけではなく、茹でてサラダやスープに加えれば、エネルギーと血糖値の上昇を抑えながら、ボリューム感を楽しみことができます。

米と押し麦の野菜たっぷりサラダ

1人分:エネルギー 165kcal ・食物繊維:3.0g

米と押し麦の野菜たっぷりサラダ

材料(4人分)
50g
押し麦 45g
きゅうり 1本
トマト 1/2個
玉ねぎ(みじん切り) 1/4個
ロースハム 2枚
レンズ豆(茹でたもの) 50g
大さじ1
レモン絞り汁 大さじ1
オリーブ油 大さじ2
小さじ1/2
粗引き黒こしょう 少々
作り方
  • 1、米と押し麦はさっとすすぎ、3~4倍量に水に15分ほど漬けておく。

  • 2、玉ねぎは冷水にさらし、パプリカは、5mm角に切り、塩(分量外)をふる。きゅうり、トマト、ハムは5mm角に切る。

  • 3、ボウルにAを加えて混ぜ合わせる。

  • 4、1を鍋に入れて強火にかけ、10分ほど茹でてザルに上げ、水でさっとぬめりを洗い流し、水気をよく切り、温かい内に3に加える。

  • 5、2の水気をよく切り、ボウルに加えて和える。

メニューのポイント

いつもの米に、押し麦と旬の野菜をたっぷり加えることで、ボリューム感たっぷりのサラダの出来上がり。
食物繊維の他、血糖値の上昇を緩やかにする油と酢を使っているので、体脂肪が気になる人でも安心して食べられます。
酸味の効いたドレッシングが食欲アップにも効果を発揮します。

過去のコンテンツはこちら