Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

2月テーマ:冷え対策

1.テーマのポイント

1年の中でも寒さが一番厳しい季節。運動前のウォーミングアップと同様に食事で身体を温めることは、ケガや風邪の予防にとって大切なことです。冷えを予防するために、プロの選手達はどのような工夫をしているのでしょうか。

2.ズバリ!今月のおすすめ食材

しょうが:しょうがには、発汗作用や、血行を促し身体を温める働きがあります。生でも、加熱した後でも同様の効果は得られますので、料理に合わせて使い分けるようにしましょう。

おすすめレシピ:ジンジャー ココアミルク

・エネルギー:215kcal ・たんぱく質:8g

材料(1人分)
牛乳 1カップ
ココア(純正) 大さじ1
はちみつ 大さじ1
しょうがの絞り汁 小さじ 1/2
お湯 大さじ 1

ジンジャー ココアミルク

作り方
  • 1、マグカップにココアとお湯、はちみつを入れ混ぜる。

  • 2、牛乳を加え、600Wの電子レンジで1分30秒加熱し、しょうがの絞り汁を加え、混ぜる。

メニューのポイント

牛乳に含まれるたんぱく質は、消化される際に熱を生むため、しょうがと共に温めることによって、さらに身体を温める効果があります。この他、良質のたんぱく質の多い豆腐や豚肉の入った味噌汁に、しょうがをたっぷり加えるのもおすすめです。

インタビュー:下平 匠選手 ワンポイントアドバイス

下平 匠選手

チームメートに比べて、ゆっくりと時間をかけながら食事をしている姿が印象的な下平選手。寒い時期には、「しょうがやにんにく、ねぎなど、身体を温める食べ物を意識して摂ることを心がけています」とのこと。毎年、キャンプ中の食事ではヨーグルトに欠かさずスライスアーモンドをトッピングしてい下平選手ですが、実はこのアーモンドにも血液の流れを良くするビタミンEが豊富に含まれているのです。季節やコンディションに合わせて、食べるものを調整できるようになれば、怖いものなしですね。

日清オイリオ

日清オイリオグループは
横浜F・マリノスの食育プロジェクトを応援しています。

日清オイリオグループ ホームページ[http://www.nisshin-oillio.com/]

過去のコンテンツはこちら