Yokohama F・Marinos

フードサポーター

FOOD SUPPORTER

7月テーマ:疲労回復のためのポイント

1.テーマのポイント

毎日のトレーニングや試合後の疲れを回復させるために最も大切なことは、エネルギー源として使われた糖質(ご飯、パン、麺類)と、その糖質を効率良くエネルギーに変えるビタミンB1を組み合わせて摂ることです。常にベストなコンディションを維持するために、プロのサッカー選手達はどのような工夫をしているのでしょうか?

2.ズバリ!今月のおすすめ食材

豚肉:疲労回復と言えば豚肉、と言われるぐらい栄養価の高い食品。筋肉のダメージを修復する良質なたんぱく質の他、糖質を効率良くエネルギーに変える手助けをするビタミンB1が牛肉や鶏肉よりも豊富に含まれています。脂身が気になる方は、さっとお湯で湯がけば、余分な脂肪をカットすることができます。

おすすめレシピ:もやしと豚肉の中華風和えもの

・エネルギー(1人分):310kcal ・ビタミンB1:0.6mg

材料(2人分)
大豆もやし 200g
豚ロース薄切り肉 150g
片栗粉 少々
万能ねぎ 2本
大さじ1杯
しょうゆ 大さじ1杯
ごま油 大さじ1杯
ラー油 少々
少々

もやしと豚肉の中華風和えもの

作り方
  • 1、大豆もやしはひげ根を取り、3分ほどゆでる。熱いうちに塩をまぶして和える。万能ねぎは小口切りにする。

  • 2、豚肉は片栗粉を少々まぶす。湯を沸かし、豚肉を1枚ずつ入れ、色が変わったらざるに上げる。

  • 3、Aは合わせておく。

  • 4、具材を混ぜ合わせて皿に盛り、タレをかける。

メニューのポイント

ごま油の香りと酢のさっぱり感で、疲れているときにも食べやすい味付けです。豚肉は硬くならないように、片栗粉をまぶしてゆでるのがポイント。大豆もやしは他のもやしと比べて、食物繊維やビタミンが豊富で日頃から積極的に取り入れたい食品です。

インタビュー:飯倉大樹選手!疲労回復のためのワンポイントアドバイス

飯倉 大樹選手

体調を崩してから、日々の食生活にはこれまで以上に気を配っている飯倉選手。クラブハウスの食堂でサラダバーを利用する際にも、色の濃い野菜などを積極的に選ぶ姿が印象的です。そんな飯倉選手に疲労回復のため日頃、心がけていることを聞いてみると、「家では豚肉を良く食べるようにしている」と言う答えが帰ってきました。また、その際、ストレスを和らげコンディション維持に欠かせないゴーヤやトマトなど、抗酸化物質の多い野菜も意識して摂っているとのことです。
疲れが溜まる前に、体に必要なものを毎日、食事で摂る習慣を身に付けることが疲労回復への早道のようですね。

日清オイリオ

日清オイリオグループは
横浜F・マリノスの食育プロジェクトを応援しています。

日清オイリオグループ ホームページ[http://www.nisshin-oillio.com/]

過去のコンテンツはこちら