Yokohama F・Marinos

社会貢献活動

PHIKANTHROPY

復興支援活動

復興支援活動

震災等で甚大な被害があった被災地への継続した復興支援活動を行っています。
募金活動のみならず、“こころとカラダをケアする”ことを目的に選手、監督、スタッフが宮城県東松島市・岩手県山田町などの被災地に毎年赴き、ふれあいサッカー教室を実施するなど交流を続けています。

岩手県下閉伊郡山田町 復興支援活動

宮城県東松島市 復興支援活動

募金活動

社会貢献活動

横浜こどもスポーツ基金

障がいのある子どもたちがスポーツを通じて、夢と希望を持って育ち、身近な地域でスポーツ活動に参加できる環境づくりを目的に2013年に設立されました。
F・マリノスも、ホームゲーム観戦会やサッカー教室、チアダンス教室などを開催し、交流を行っています。

横浜こどもスポーツ基金

HEART MADEフェア

HEART MADEフェア

横浜市障がい者地域事業所等で製作された手作りの商品を販売する「HEART MADEフェア」をホームゲームで実施しています。
トリコロールをコンセプトにしたビーズアクセサリーや手芸品のほか、焼き菓子などの販売も行なわれます。
製品を通じて障がい者への理解を深めてもらうとともに、交流を行っています。

赤い羽根共同募金運動

さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体の支援や、市民の優しさや思いやりを届ける運動として、活動を行っている赤い羽根共同募金運動に、F・マリノスも2009年より共同事業として参加しています。
オリジナルコラボピンバッチや啓発ポスターの制作、選手による応援メッセージ、チャリティーオークション、トリコロールランドのブース出展や地域のイベントへの参加など、様々な取り組みを通して活動を応援しています。

赤い羽根共同募金運動

アースアワー

世界中の人々が同じ日、同じ時間に電気を消すアクションを通じて「地球温暖化を止めたい」「地球環境を守りたい」という思いを示すイベントに、2015年プロサッカークラブとして日本で初めてF・マリノスが親善大使に就任しました。
「アースアワーサポーターズ」として選手がセレモニーに参加し、環境問題についてのメッセージを発信しています。

アースアワー