ニュース
NEWS

2018横浜F・マリノス新体制発表会レポート

イベント

2018.01.14

ファン・サポーターが新シーズンに向けて大勢集うイベント、「2018横浜F・マリノス新体制発表会」が日産グローバル本社の日産ギャラリーで行われた。例年同様、この模様はパブリックビューイングとしても、多くのファンに披露。会場の内外をあわせて約1500人のファン・サポーターが見守り、同時にインターネットでも会場に来られない多くの人たちにライブ発信された。

発表会は13時30分にスタート。司会はtvkアナウンサーでおなじみの、トーマス サリーさん。冒頭は、古川宏一郎代表取締役社長の挨拶に始まる。2018シーズンに向けての新しい取り組み、大きな目標を述べた。

続いて2018年チーム方針が、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック ドルから、熱烈なプレゼンテーションによって発表された。最後に「F・マリノスに関わるすべての人たちが一丸となって、優勝を目指しましょう」と語った。今シーズンのチームスローガンは「Brave and Challenging ~勇猛果敢~」。

そして、いよいよ今シーズンからF・マリノスを率いるアンジェ ポステコグルー新監督の登場となる。「他チームから恐れられるようなチームにしていきたい。ファンが白熱し、誇りに思えるチームにしたいと思う」と抱負を述べた。

次に新しいコーチングスタッフが紹介される。ピーター クラモフスキー ヘッドコーチ、グレゴリー ジョン キング フィジカルコーチが壇上で挨拶した。

ここで、新加入選手が来場者の拍手と握手・ハイタッチによって迎えられ、次々と壇上に姿を現わしていく。
登壇順に紹介すると、FW 大津祐樹選手(前・柏レイソル)MF ユン イルロク選手(前・FCソウル)、DF 西山大雅選手(横浜F・マリノスユース)、DF 生駒仁選手(鹿児島城西高校)、MF 堀研太選手、MF 山田康太選手(ともに横浜F・マリノスユース、そして最後はFW 町野修斗選手(履正社高校)の合計7名だ。

その後、待ちに待った2018新ユニフォームが発表される。アディダスジャパンの西脇大樹Footballビジネスユニット マーチャンダイジング シニアマネージャーからコンセプトが説明された。テーマは「AGE OF DISCOVERY」と「STADIUM TO STREET」。日常生活でも着用できるシティーユースは、昨年と同様のコンセプトだ。

ユニフォームのモデルとしては、2年目を迎える原田岳選手、ユース昇格組の山田選手、堀選手ら新人を加えたF・マリノスユース出身の3選手が務めた。
ホームユニフォームをまとうのは、山田選手。「色が濃くてかっこいいです。シンプルに見えるけど、よく見ると柄がデザインされている。これを着て、ユニフォームも自分のプレーもかっこよく見せられるようになりたい」と感想を述べた。
アウェイユニフォームは、堀選手。「いつも自分はピチピチの服を着るんですが、これはゆったりしていて、かわいいです。皆さんもきっと、街中で着ていると可愛いと感じると思います」と話した。
ゴールキーパーユニフォームは、原田選手。明るいグリーンのカラーに「この発色からすごいパワーを感じます。動きやすいので、飛んでくるシュートを全部止めるつもりで、今年も頑張ろうと思います」と語っていた。

この後、新加入選手が新しいユニフォームに着替えて再登場。新加入選手への質問コーナーに移る。事前に公式Twitterや公式Facebookで募集した質問に、各選手が答えた。

そして、アンジェ ポステコグルー監督が再登場し、選手たちとともに記念撮影。
最後は、ギャラリーの観客も交えたフォトセッションで新体制発表会は幕を閉じた。

2018新体制発表会 フォトレポートはこちら

2018シーズン ユニフォームについてはこちら

古川宏一郎社長のあいさつ

古川宏一郎社長

本日は、2018横浜F・マリノス新体制発表会にご来場頂き、誠にありがとうございます。そしてパブリックビューイングやインターネットライブをご覧の皆様、あわせて御礼申し上げます。ありがとうございます。

まず昨年1年間、ホームでの試合はもちろん、アウェイの試合においても、毎試合本当に大変多くの熱い声援を頂きましたファン・サポーターの皆様、ありがとうございました。 そして1年間を通じ多大なるご支援を頂きましたホームタウンである横浜市・横須賀市・大和市の皆様、パートナー企業・スポンサー企業の皆様、そしてホームゲームの運営に毎試合携わって頂いたサポートスタッフ、ボランティアスタッフの皆様に、クラブを代表し心から感謝申し上げます。1年間、本当にありがとうございました。

さて新体制発表会ということで、今シーズンどのように戦っていくか、目標と計画をご紹介させていただく前に、まず2017シーズンの振り返りからお話を始めたいと思います。 昨シーズン、リーグ戦は5位、ルヴァンカップは残念ながらグループリーグでの敗退、そして天皇杯は準優勝という結果が、トップチームの戦績でした。前年から比べると10位から5位への躍進、そして天皇杯は久々の決勝戦進出と、一定の手ごたえを得られましたが、同時に、チームが優勝を目指すにあたってのいくつかの課題を実感した1年でもありました。
2017シーズン最後の公式戦である元日の天皇杯決勝戦へ進むことができたのは、非常に大きな誇りでした。試合には残念ながら敗れてしまいましたが、ラウンド16と準決勝に続き、3試合目の延長戦となった決勝でも、試合が終わる最後の最後まで勝利を諦めずに戦い抜いた選手たち、そして監督・コーチ、支えてくれたスタッフの皆さんに敬意を表したいと思います。

昨シーズンを思いおこすと、やはりリーグ戦に関しては5勝から9勝へと大きく勝ち星を伸ばしたホームゲームでの戦いが印象に残っています。
開幕の浦和戦、25周年記念試合と位置付けた磐田戦、4万2千人をこえるお客様にご来場頂いた神奈川ダービーの川崎戦、そしてJ1リーグ戦で唯一続いているオリジナル10同士の戦いとなった鹿島戦と、いずれも多くのお客様にお越し頂いた試合で勝利することができました。

開幕の浦和戦での劇的な勝利と、続く札幌戦での3-0の完封勝利と2連勝した時に、「今年のF・マリノスにはドラマがある」というテーマが頭に浮かびました。シーズンを通しても、ラスト15分にドラマがあるという試合を数多くお届けすることができたのではないかと思います。データを見てもリーグ戦の総得点中、後半30分以降の得点が全体の約3割を占めていますし、記憶に残るアディショナルタイムでの決勝点も含め、ドラマを感じさせる試合を選手たちはピッチで表現してくれました。

記憶に残るプレーといえば、バブンスキ―選手の2月・3月の月間ベストゴールがありました。ファン・サポーターの皆さんの投票で選ばれた各節ベストゴールも天野選手の3回をはじめとしてチーム全体でもF・マリノス選手が12回受賞。そしてDAZNの週間ベストセーブにも飯倉大樹選手がベスト5に9度ランクインしました。今でもそれぞれのシーンを思い浮かべることが出来る方々も多くいらっしゃるのではないかと思います。
個人的にも下平選手がケガから復帰した試合であったり、ほとんど飯倉選手のアシストといっても過言ではない天皇杯・広島戦のヴィエイラ選手の決勝ゴールなど鮮明に思い出すことができるシーンがたくさんありました。
こうした記憶に対して、記録という観点では、改めて触れるまでも無いかもしれませんが、中澤選手のJ1リーグ戦の連続フル出場記録が157試合、出場試合数は571試合と、いずれもフィールドプレイヤーとして歴代1位の記録を現在も継続中です。
私とほぼ同世代の彼が、こうしてプレーを続けていることに、本当に敬意を抱きます。誰よりも早く練習場に来て、入念なストレッチ、十分なアップを行い、最後も入念なマッサージ、ケアを行ってから練習場を後にする、そんな姿も既に多く知られるところです。昨シーズンも月間MVPや優秀選手賞、フェアプレー個人賞といった各賞も受賞し、モンバエルツ前監督も「ボンバーは毎年進化している、偉大な選手だ」と称賛を惜しみませんでした。

もちろん、こうした選手たちの記憶に残るプレー、記録に残るプレー、そしてドラマのある試合を展開できたのは、ファン・サポーターの皆様の熱い声援のおかげです。 昨シーズンのJ1リーグ戦のホームゲーム総入場者数421,068人は、リーグ全体で3番目に多い入場者数でした。これはJリーグが全34節になってから、クラブ史上4番目の大きな数字です。本当に多くのお客様にご来場頂くことができました。
また、私もすべてのアウェイゲームに同行しておりましたが、どのアウェイゲームに行っても、本当に多くのF・マリノスのサポーターの方々に支えて頂き、ホームゲームと変わらないような環境を、背中を押す応援を選手たちに提供していただきました。改めて、1年間本当にありがとうございました。

そして年々増えているF・マリノスのファン・サポーターの皆様の数を違った角度で見てみますと、オフィシャルファンクラブであるトリコロールメンバーズと無料会員にご登録頂いている方々は、昨年から34%増えた5万6千人となりました。公式ツイッターのフォロワー数も46%増えて41万人を突破。これはオフィシャルのツイッターアカウントとしてはJリーグで最大規模となっています。またF・マリノスに関する口コミ数も昨年と同じ時期での比較で4倍近く増えました。

他の活動に目を向けましても、昨年から新たにホームタウンという形でご支援をいただいている大和市、従来どおりホームタウンとしてさまざまなご支援ご協力いただいている横浜市、横須賀市。そして、ホーム日産スタジアムの所在地である港北区の方々には、行政・教育・ビジネスといった各場面でご指導、ご支援をいただきました。
そしてF・マリノスのもう一つのチームであるフトゥーロも昨年度は大きな成果をあげ、F・マリノスが支援している電動車椅子サッカーも、昨年米国でワールドカップが行われた際、横浜市に所属するチームから2名の選手が日本代表に選出され、日本チームとして最初のゴールを決めるなど活躍してくれました。
彼らの壮行会をホームゲームの前に日産スタジアムで行ったときには、サポーターの皆さんから彼らの名前のコールが沸き起こり、二人とも非常に喜んでくれていたのを覚えています。 そして新横浜町内会の各店をはじめ、F・マリノスをサポートして頂いているサポートショップの皆様など、本当に多くの方々にクラブは支えられているということを日々実感した1年でした。

2018シーズンは、2004シーズン以来となる「J1リーグ優勝」、そして「土日開催の日産スタジアム入場者数・平均3万人」という二つの大きな目標にチャレンジして参りたいと思います。

この後、新監督・新スタッフ・新加入選手のご紹介とあわせて、今シーズンどのように戦っていくか、新しいスローガンの発表も含めて、チーム統括本部スポーティングダイレクターのアイザック・ドルから皆様にお話しさせて頂きます。

土日開催の日産スタジアムでのホームゲーム入場者数・1試合平均3万人という数字は非常に大きな目標ではありますが、多くの皆様にスタジアムにご来場頂くために、クラブ一丸となって4つの約束に取り組みたいと思っています。
一つ目が、「家族・仲間と楽しめる時間」を皆様に提供するために、これまで以上に参加型のイベントであったり、トリコロールランドのさらなる充実を図っていきたいと考えています。
そして「ココロオドル体験」を提供するために、その一つとしてトリコロールメンバーズのポイントプログラムの刷新を行います。
また、スタジアムでもっと「一体感」を感じてもらえるように、ハーフタイムに行うイベントなども検討していきます。そして、我々は常にスタジアムが安全で安心な環境であることを義務と考え運営していますが、さらに「快適な観戦環境」を提供するために、駅や施設などからシャトルバスの運行もぜひ実現したいと思います。 これら今年度の新しい取り組みは順次、確定後に皆様にご紹介させていただきたいと思います。

本日は、その中でトリコロールメンバーズのポイントプログラムについて、説明させてください。
大きく変わるのが、ポイントの利用時期です。
従来シーズン終了後でないと、獲得したポイントを利用できなかったのを、シーズン中にポイントから引き換え可能な商品を増やし、シーズン中に利用可能な制度へと変更を行います。
また新しい特典としてドリンク類、チケットアップグレードなどを考えており、この他にも追加していく予定です。
そして、従来、抽選での応募のみであった試合日の選手サイン会やエスコートキッズなどを、ポイント引き換えで、各回先着順で参加権を獲得できるようにしたいと考えています。これは皆様からのご要望の声も多く、これまで残念ながら抽選で参加できなかった方々も是非ご活用頂ければと思います。

クラブスタッフ一丸となり、先ほどご紹介した4つの約束を実現するために、様々な施策や企画を展開していく予定です。今年も是非、横浜F・マリノスへの温かいご支援、ご声援をよろしくお願い致します。 本日は、ご清聴ありがとうございました。

アンジェ ポステコグルー監督のあいさつ

まず最初に、このような偉大なクラブ、横浜F・マリノスで監督を務めることを光栄に思います。
このような素晴らしいクラブ、素晴らしいサポーターのもとで監督を務めるということには、非常に大きな責任が伴うということも知っています。
新しい国、新しい文化のなかで、私の哲学・私のサッカーに対する考えをチームに落とし込むことを、私自身も私の家族も楽しみにしています。そして、それがチームの成功をもたらすことを願っています。
他のチームをリスペクトはしますが、怖れるチームはどこにもありません。他のチームが横浜F・マリノスを怖れるようにしたいと思います。
私としては、ファン・サポーターが白熱し、誇りに思えるよう、そして今年2018年が将来も語り継がれるようなチームにしたいと思います。
もちろん、いろいろな仕事だったり努力の積み重ねが必要だと思います。ただ皆様のサポートがないと、このチームが成功するのは不可能です。
このチームを自分がリードして、皆様と一緒に勝ち進むことを今シーズンは願っています。どうぞ、よろしくお願いいたします。

FW 9 大津 祐樹選手

皆さん、こんにちは。柏レイソルから加入した大津祐樹です。今年はよろしくお願いします。尊敬する選手は中澤佑二選手です。もちろん、敵チームと対戦した時も素晴らしい選手でしたし、加入する前もすごく尊敬できる先輩だと話を聞きました。

MF 25 ユン イルロク選手

こんにちは、はじめまして。FCソウルから来ましたユン イルロクです。よろしくお願いします。小さい頃、2002年のワールドカップで見たアン ジョンファン選手が憧れの選手です。

DF 34 西山 大雅選手

皆さん、こんにちは。横浜F・マリノスユースから加入した西山大雅です。よろしくお願いします。中澤佑二選手を尊敬してます。プレー面もそうですけど、ユースの頃から練習に参加した時によくしていただきました。相手チームからも尊敬される人物で、自分もそういう存在になりたいです。

DF 36 生駒 仁選手

皆さん、こんにちは。鹿児島城西高校からきました生駒仁です。応援よろしくお願いします。ボアテング選手が目標です。攻撃、守備共にチームの勝利に貢献できる選手だと思うので、僕もそういう選手になりたいと思います。

MF 37 堀 研太選手

皆さん、こんにちは。横浜F・マリノスユースからきました堀研太です。頑張りたいと思います。よろしくお願いします。松田直樹選手が憧れの選手です。小さい時からF・マリノスの育成組織に入っていたので、一緒にボール回しをしたり、リフティングした思い出があります。すごい憧れの選手です。

MF 38 山田 康太選手

皆さん、こんにちは。横浜F・マリノスユースから昇格しました山田康太です。応援よろしくお願いします。レアル・マドリードのモドリッチ選手が好きです。モドリッチ選手は自分と似ていると思っているので、参考にしたいと思います。

FW 39 町野 修斗選手

皆さん、こんにちは。履正社高校から加入しました町野修斗です。活躍しますので応援よろしくお願いします。イブラヒモビッチ選手が好きです。身長が高いのに技術もあって、自分もそういう選手になれたらいいなと思っています。

FAIR PLAY, FAIR SUPPORT

最新の イベント ニュース

一覧

ページトップ