ニュース
NEWS

『横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会』− パワーチェアーフットボール in ヨコハマ − 開催のお知らせ

ホームタウン

2017.11.24

横浜F・マリノスでは、この度「横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会」を開催することになりましたので、お知らせいたします。
本大会は、多くの方々に電動車椅子サッカーの魅力を伝えると共に、地域社会の障がい者スポーツに対する理解度、関心度の向上、また選手が大会を通じて仲間とふれあい、そして楽しむことで地域社会との繋がりを実感することを目的に開催いたします。

横浜F・マリノスは、電動車椅子サッカーのサポートを始め、2004年にはJリーグ初の知的障がい者サッカーチーム「フトゥーロ」をスタートさせるなど、障がいの有無に拘わらず、誰でも気軽にサッカーを楽しめる環境を目指し活動を続けております。

電動車椅子サッカーへの温かいご声援をよろしくお願いいたします。

『横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会』開催概要

日時

2017年12月23日(土)・24日(日) 10:00〜17:00

会場

障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール「メインアリーナ」

横浜ラポールへのアクセスはこちら

主催

横浜マリノス株式会社

主管

横浜F・マリノスカップ実行委員会

後援

一般社団法人日本障がい者サッカー連盟 / 一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会 / 神奈川県電動車椅子サッカー協会 / 横浜市市民局 / 横浜市教育委員会

協力

神奈川県電動車椅子サッカー協会審判委員会 / 障害者スポーツ文化センター横浜ラポール / 株式会社東急グルメフロント / アディダスジャパン株式会社 / 株式会社安藤スポーツ / 株式会社ルイ高 / 横浜市中央図書館

電動車椅子サッカーの競技と魅力

スパイクの代わりに「フットガード」と呼ばれるガードを足元に取付けボールを蹴ります。操作はコントローラーについている「ジョイステック」を身体の一部(指、足、顎など)で操り、直径32.5cmの大きなボールを使いサッカーを行います。
電動車椅子で魅せるプレーは想像を越えます!

電動車椅子サッカーの特徴

2on1(トゥーオンワン)ルール

同一チームの競技者2名と相手競技者がボールの半径3m以内におり、競技者2人目が次のようなプレーに関わっている場合に反則となります。

  1. プレーに干渉する
  2. その位置にいることによって利益を得る
  3. 相手競技者に干渉する
  • ※ゴールエリア内競技者1名がゴールキーパーの場合はこの反則は適用されません。
最大時速6km/hと10km/h の違い

国内大会では最大時速の設定が2つありそれぞれに見所や魅力が異なります。

  • 最大時速6km/h→蹴ったボールに追いつかない:先手を読み合う「緻密な戦術」サッカー
  • 最大時速10km/h→蹴ったボールに追いつく:運動量が多くフットサルに近い「ダイナミック」サッカー

『電動車椅子サッカーの世界』展のお知らせ

横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会の開催にあたり、横浜市中央図書館で過去の大会写真や電動車椅子の展示を行います。
こちらも是非お越しください。

展示期間

2017年12月4日(月) 〜 2018年1月6日(土)

展示場所

横浜市中央図書館

横浜市中央図書館へのアクセスはこちら

展示の内容

  • ・『横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会』− パワーチェアーフットボール in ヨコハマ −
  • ・電動車椅子、電動車椅子サッカーボール
  • ・第15回大会ポスター、リーフレット
  • ・第1回〜第14回大会の写真
  • ・電動車椅子サッカー、障害者スポーツ関連の書籍等

前回大会模様

お問い合わせ先

◆横浜マリノス株式会社 ホームタウン・ふれあい事業部

TEL:045-285-0674(9:00~18:00/不定休)

FAIR PLAY, FAIR SUPPORT

最新の ホームタウン ニュース

一覧

ページトップ
  • HOME
  • ニュース
  • 『横浜F・マリノスカップ 第15回電動車椅子サッカー大会』− パワーチェアーフットボール in ヨコハマ − 開催のお知らせ