ニュース
NEWS

差別的挑発行為の再発防止における啓発活動に関して

クラブ

2014.09.02

8月23日(土)のJリーグ第21節・横浜F・マリノスvs川崎フロンターレで発生した差別的挑発行為を受け、横浜F・マリノスでは、「FAIR PLAY, FAIR SUPPORT」 をキーメッセージとし、再発防止の啓発活動に努めてまいります。

FAIR PLAY, FAIR SUPPORT
差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません。
~その行動は、チームに勇気を与えていますか?~
すべてのプレー、行動、声にリスペクトの心を。
安心・安全なスタジアムを共に作りましょう。

横浜F・マリノスは「日本一 安心・安全で快適なスタジアム」を目指します。
その実現に向けて克服すべき課題は数多くありますが、その第一歩として、差別や挑発、迷惑行為を根絶する活動に取り組み、その輪を広げて行きたいと考えます。

是非、皆さまのご理解・ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

スタジアムでの情報発信

9月3日(水)、ニッパツ三ツ沢球技場で開催される「ヤマザキナビスコカップ」準々決勝 第1戦・柏レイソル戦以降に実施される全てのホームゲームにおいて、スタジアムの大型スクリーンを使い、啓発活動のための情報発信を実施するとともに、スタジアム内の入口、コンコース等に啓発ポスターを掲出し、理解を得る一助とさせて頂きます。

また、9月3日のヤマザキナビスコカップ・柏レイソル戦の選手ウォーミングアップ前(18:30頃)に今回のキーメッセージが書かれた啓発バナーを選手・スタッフが掲出し、啓発活動のスタジアムにおける最初の一歩を踏み出します。
併せて、弊クラブ代表取締役社長 嘉悦 朗より皆さまへ本活動に関するご説明とお願いをさせて頂きます。

人権研修の実施

ご希望されるファン・サポーターの方々を対象に人権研修(国内・海外のサッカー界の事例紹介、FIFA・Jリーグのとりくみ、ケーススタディ、グループ討議)を継続実施し、啓発活動の輪を広げてまいります。

9月13日以降の人権研修について

横浜F・マリノスでは9月13日・名古屋グランパス戦以降の、日産スタジアムで行われる全てのホームゲームにて、希望される方を対象に、キックオフ4時間15分前に約1時間15分ほど、人権研修を行ないます。
お申し込みについては 本日14時 より弊クラブオフィシャルホームページにて受付を行ないます。1回あたり45名の受付を行ないますが、なるべく多くの方にご参加いただきたいので、受付完了後でも、どうしてもご都合の悪くなられた方は、各試合の10日前までにキャンセルのご連絡をお願いいたします。
キャンセルが出た枠については、随時追加で募集を行なってまいります。

なお、この研修は来シーズン以降の日産スタジアム開催の全ホームゲームで、継続的に実施予定となっております。

応募フォーム

※複数選択不可

  • ※当メールは「@f-marinos.com」のドメインから配信いたします。
    特に携帯電話のメールアドレスを登録されている方で、ドメイン指定受信を設定されている方は、「@f-marinos.com」からのメールを受け取れるよう設定してください。

選手およびF・マリノス関係者からの人種差別撤廃メッセージ

FAIR PLAY, FAIR SUPPORT

関連ニュース

最新の クラブ ニュース

一覧

ページトップ
  • HOME
  • ニュース
  • 差別的挑発行為の再発防止における啓発活動に関して