試合速報
Match Report

2018 明治安田J1 第24節
横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸

試合 日程結果・放送予定

2018/08/26

18:03キックオフ

ノエビアスタジアム神戸

横浜F・マリノス
ヴィッセル神戸

AWAY

HOME

横浜F・マリノス

ヴィッセル神戸

2

0

0

前半

0
2

後半

0

入場者数:25,541人

試合終了

後半11分
久保 建英
後半40分
仲川 輝人

得点なし

前半 レポート

 水曜日の天皇杯から中3日でのリーグ戦・第24節は、ヴィッセル神戸とのアウェイゲーム。F・マリノスの先発は、前節の鹿島アントラーズ戦から2名が代わり、MF喜田・FW久保が起用される。なお神戸とは今季のJ公式戦で3戦し、1勝1分1敗と互角。
 試合は、神戸のキックオフで始まる。スタート直後から、F・マリノスは良い動きから相手ボールへ鋭いプレッシャーをかける。1分・天野がこの試合のファーストシュートとなるミドルシュートを見舞う。2分には松原が、右サイドで仕掛けてCKをゲット。さらに7分、山中のアーリークロスに伊藤がニアへ走り込む。そして11分には久保、喜田を経由してボールを受けた松原がクロスを入れる。
 ペースをつかんだF・マリノスだが、相手守備陣を崩すまでには至らず決定機は奪えない。ただF・マリノスの守備も安定し、ボールの出どころとなるイニエスタに喜田などが厳しく寄せていく。
 25分を回ると、より積極的に神戸陣内にボールを運び、29分・好位置でのFK、33分・伊藤から天野への浮き球でのラストパスなどで攻める。
 40分を過ぎると神戸も盛り返し、42分の神戸・藤田のミドルシュートが左スミに向かったが、飯倉が右に飛んで好セーブ。前半、スコアは動かず0-0。

ハーフタイムコメント

アンジェ ポステコグルー 監督

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー 監督

「守備はコンパクトに。
攻撃は中も使っていこう。
後半も我々のサッカーを続けよう!」
吉田 孝行 選手

ヴィッセル神戸
吉田 孝行 選手

後半 レポート

 序盤、神戸がポゼッションで上回り、押し込む。F・マリノスはクリアからのボールがつながらず、前線で起点がつくれない。7分には裏に抜けられたが、相手FWのシュートはワクには行かず左に外れた。
 ピンチを逃れたF・マリノスは、反撃に移る。9分・松原のクロス。そして11分、右サイドを持ち上がった松原のクロスが、ゴール前の久保に渡る。久保はワントラップして左足シュート。狙いすました一撃が鮮やかに右スミに決まった。
 久保のJ公式戦初ゴールで先制に成功したF・マリノスは、16分・19分の神戸の反撃を飯倉の好セーブなどでしのぐと、選手交代を選択。19分・仲川、20分・ヴィエイラがピッチに送られた。
 その後も神戸の攻勢が続くが。F・マリノス守備陣は一丸となって立ち向かい、決定的なチャンスを与えない。26分・ドゥシャンのシュートブロック、27分・カウンターでのハードマークなど、粘り強いディフェンスで跳ね返す。
 34分、39分もきっちり守り切ってから、攻めのスイッチを入れる。40分、相手守備の乱れを見逃さず、GKのクリアがこぼれたところを仲川が右足でフィニッシュ。仲川の今季リーグ戦5得点目でリードを2点に広げた。
 44分に3人目、最後の選手交代で中町が入ったF・マリノスは、アディショナルタイム4分間もゴール前を固めてクロスもブロック。そしてタイムアップ。F・マリノスは、8月11日の湘南ベルマーレ戦以来3試合ぶりの白星を完封勝利で飾った。
アンジェ ポステコグルー 監督

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー 監督

「相手は個の力があるチームで、非常に難しい試合でした。
前半はイーブンだったと思いますけれども、後半に先制点を決めました。そこから、かなり守備に回る時間帯が多かったのですが、プレスをやめずに2点目を奪うこともできました。選手たちのハードワークが報われたと思います」

質問:先制点を挙げた久保選手の評価を教えてください。
「もちろん、まだまだの部分はあると思いますが、彼の技術と姿勢は、本当に素晴らしいものを持っています。この前の水曜日もいいパフォーマンスだったと思いますし、今日のあのゴールで彼の質の高さというものが見えたと思います。
もっともっと伸びていけると思いますし、若い選手と一緒にこのチーム全体が成長していけることは嬉しいです」

質問:喜田選手のプレーについての感想はいかがでしょうか。
「良いパフォーマンスだったと思います。世界的なプレーヤーの前でも、彼自身の良さが出せたと思います。彼自身もまだ若い選手で、成長過程にあります。
必要な時にハードワークしてくれて、走ってくれて、エネルギーを出してくれる、それがチームに大きな力となっています」
吉田 孝行 選手

ヴィッセル神戸
吉田 孝行 選手

選手コメント

ドゥシャン

DF2
ドゥシャン

「今日は、運を味方につけられたのかなと思います。
危険な部分もありました。逆に、数試合前までは自分がたちにチャンスがあった中で決められずに勝てませんでした」
喜田 拓也

MF5
喜田 拓也

「やることは、いつもと変わりませんでした。
(イニエスタとのマッチアップについては?)誰が見ても素晴らしい選手なので、少しでも自由を与えたら何でもできる選手なので、そこはタイトに厳しく自由を与えないようにという気持ちで試合に入りました。
周りと協力しながら、みんながファイトしてハードワークができました」
伊藤 翔

FW16
伊藤 翔

「勝ったということが何よりいいこと。(試合前には)守備で行くときは行く、行かないときは行かない、ということをハッキリさせる。チームの決め事としてできたかなと思います。
一つ勝つだけでなく、連勝することによってチームの自信につながるので、一戦一戦も大事だけど、なにより大事なのは次の試合。頑張ります」
ページトップ