試合速報
Match Report

2018 明治安田J1 第2節
横浜F・マリノスvs柏レイソル

試合 日程結果・放送予定

2018/03/02

19:33キックオフ

三協フロンテア柏スタジアム

横浜F・マリノス
柏レイソル

AWAY

HOME

横浜F・マリノス

柏レイソル

0

2

0

前半

0
0

後半

2

入場者数:10,659人

試合終了

得点なし

後半4分
小泉 慶
後半30分
オウンゴール

前半 レポート

 金曜夜の開催となった柏レイソルとの第2節。第1節に続いてのアウェイゲームとなる。F・マリノスのスタメンは前節と同じ11人。
 柏のキックオフで始まった試合は、序盤から激しい攻撃の応酬となる。1分・F・マリノスが遠藤の仕掛けでこの試合最初のCKを獲得すると、3分には柏もCKをゲット。5分・山中のクロスをヴィエイラがヘッドで狙うと、7分には柏がクロスバーを直撃するミドルシュートを放った。
 10分を回るとF・マリノスがボールを握ってポゼッション、よく動いてサポートしてパスを繋げる。ただ、14分・裏に走る遠藤への天野のスルーパスは通らず、22分の遠藤のクロスもシュートに結びつかない。25分には左から山中、右から遠藤と連続してクロスを入れるがターゲットには合わず、ボールは流れて行く。
 その後も、38分・天野のダイレクトシュートをはじめ、押し気味に試合を進めたF・マリノスだが得点シーンは訪れず、前半は0-0で終了。

ハーフタイムコメント

アンジェ ポステコグルー 監督

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー 監督

「前半は良かった。続けていこう。
常に攻撃の準備を怠らないこと。
後半、最初の10分、マイボールを大切に」
下平 隆宏 選手

柏レイソル
下平 隆宏 選手

後半 レポート

 2分に前へボールを運んでCKをゲットしたF・マリノスだったが、4分に柏のスピーディーな攻撃を受け、先制点を奪われてしまう。さらにホームの柏が攻勢に立って畳みかける。だがF・マリノスは辛抱強く守って、追加点は許さない。15分のスルーパスに対しては、飯倉が積極的に前に走ってクリアする。
 そしてF・マリノスは反撃に転じる。18分、山中のフワリと浮かせたラストパスに天野が走る。23分には中町が柔らかなトラップから遠藤に展開。遠藤はグラウンダーのクロスを入れたが、ボールは左サイドに流れた。続いて25分、左サイドでのFKを天野が狙うも、シュートはクロスバーを越えて行った。このプレーの後、F・マリノスベンチは最初の選手交代を行い、イッペイ シノヅカがイン。
 追いつきたいF・マリノスだったが、逆に30分、オウンゴールで痛い2点目を与えてしまう。2点のビハインドとなったF・マリノスは31分に二枚代えを行い、伊藤とバブンスキ―をピッチに送って、より攻撃的に仕掛ける。
 しかし37分・ユン イルロクのドリブル突破、43分・バブンスキ―の右足ミドルシュート、44分・ヴィエイラのヘディングシュートもネットを揺らすことができない。
 アディショナルタイムは4分。懸命に攻め続けたF・マリノスだったが柏の堅守を破ることはできず、タイムアップのホイッスルが鳴った。
アンジェ ポステコグルー 監督

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー 監督

「非常に残念な結果でしたけれども、良い試合だったと思います。両チームプレッシャーをかけ合った中、レイソルの方はしっかりゴールを決めることができて、自分たちはなかなかチャンスをものにすることができませんでした。
ただ部分的に見ると、自分たちもいいサッカーはできていたと思います」

質問:クロスがかなり入っていましたが、なかなかゴールに結びつきませんでした。そこは、まだまだ時間がかかるのでしょうか。
「その通りです。アタッキングサードに入ってのところが、まだまだだと思いますけれども、正直、去年に比べてかなりの変化を与えていて、選手たちは非常に頑張ってくれています。理解をして、実現しようとフィールドの中で一生懸命プレーしてくれていています。ただ、もう少し時間がかかるのと、もう少し質を高めるには、もっと自分たちで突き詰めていかなければならないと思います」

質問:このサッカーはポステコグルー監督のスタイルなのでしょうか、それともF・マリノスに合わせたスタイルなのでしょうか?
「そうですね。ユニークな部分があると思います。これは自分のメソッドですし、20年間監督をやってきて築いてきたスタイルだと思います。自分がF・マリノスに、このサッカーをしっかり落とし込んでいこうと考えています。
ただ今日も、押し込めた部分もあったのではないでしょうか。もちろんシーズンを通していくと、もっともっと完成度は上がっていくと信じていますし、これからもっともっと強いチームになって相手を圧倒できるようなチームになってくれると信じています」
下平 隆宏 選手

柏レイソル
下平 隆宏 選手

選手コメント

ユン イルロク

MF25
ユン イルロク

「アウェイの試合が2つ続きました。ホームの試合に比べると少し負担があります。
そのなかで、前半はいけるかなと思って折り返したんですけど、後半はミスが出て、そこから失点してしまったのが残念です」
ウーゴ ヴィエイラ

FW7
ウーゴ ヴィエイラ

「前半は完全にF・マリノスのペースだった。負けてしまったけど、いいサッカーができたと思う。こういう試合もあります。ミスから学んでいくしかありません。
今が一番苦しい時期だが、粘り強くこのサッカーを信じてやっていく。F・マリノスのサッカーは素晴らしいサッカーです。リーグ戦はまだ長いので、信じて貫いていくだけです」
喜田 拓也

MF5
喜田 拓也

「レイソルが前からプレスをかけてくるのは想定内でした。うまくはめられたし、前半のうちに何度か仕留めるチャンスはあった。でも、ゼロゼロでも悪くはないなと思いました。
点を取られた後、引かれたときの崩し方の精度を上げていかなきゃいけない。
自分たちを信じて貫いていかないと、何も始まらない。次こそ勝てるよう、個人の精度とチームの精度の両方を高めていきたいです」
ページトップ