試合速報
Match Report

2015 明治安田J1 2ndステージ第9節
横浜F・マリノスvs浦和レッズ

試合 日程結果・放送予定

2015/08/29

18:30キックオフ

日産スタジアム

横浜F・マリノス
浦和レッズ

HOME

AWAY

横浜F・マリノス

浦和レッズ

4

0

2

前半

0
2

後半

0

入場者数:33,467人

試合終了

前半28分
中村 俊輔
前半33分
齋藤 学
後半14分
齋藤 学
後半19分
ファビオ

得点なし

前半 レポート

 前節、アウェイでの逆転勝利で3連勝を果たしたF・マリノスと、同じく3連勝中の浦和レッズとの好カード。
 F・マリノスの先発は、前節と同じ11人。なおGK榎本が、6月20日の鹿島アントラーズ戦以来、久々に控えメンバーに名を連ねた。
 8月最後の試合は、F・マリノスのキックオフで始まった。
 スタート直後から両チームとも、ボールを奪うと即座にスイッチを入れての鋭いカウンターを仕掛ける。10分を過ぎても攻撃的な試合内容は変わらないものの、中盤でパスをつなげるF・マリノスが、やや優位の展開に。10分、伊藤のヒールパスを受けたアデミウソンが右足シュート。13分・右CK、前節も同じ右CKからゴールを決めているファビオがヘッドを合わせたが、相手キーパーの好守に阻まれた。
 その後も、得点こそ生まれないものの、F・マリノスがチャンスをつくり続ける。そして28分、ついにフィニッシュシーンが訪れた。ゴール正面のFK、中村のスピードに乗ったボールが、鋭い弧を描き、壁を越えて鮮やかに右サイドネットに突き刺さった。
 先制したF・マリノスは、攻撃の手を緩めず追加点を狙う。33分、伊藤のパスを齋藤がゴール前に走り込み、マーカーに競り勝ってGKと1対1となり左足シュート。ボールはゆっくりと転がってネットイン、2-0とする。
 リードを広げたF・マリノスは38分、41分と攻め込まれたものの、ファビオのオーバーヘッドキックでのクリアなど集中して防ぐ。
 ピンチを脱し、アディショナルタイムなどで好機を迎えたF・マリノスだが3点目は生まれず、2点のアドバンテージのまま、前半を終了。

ハーフタイムコメント

エリク モンバエルツ 監督

横浜F・マリノス
エリク モンバエルツ 監督

「後半の入りからリスク管理を徹底すること」
ペトロヴィッチ 選手

浦和レッズ
ペトロヴィッチ 選手

後半 レポート

 リードして迎えたF・マリノスは、アドバンテージを頭において、リスク管理しながらチャンスをうかがう。一方、浦和は選手交代をして、よりオフェンシブにF・マリノス陣内へボールを運ぶ。だがF・マリノス守備陣は、バランスを崩さずに、しっかりと跳ね返す。2分のルーズボールも、3分のクロスも、飯倉がきっちり抑えた。6分・クロスからのシュートも厳しくマークしてシューターにミートさせない。7分は、中澤が判断良く前に出てバイタル付近のセカンドボールをクリアする。
 9分のカウンターによる絶好機は逃したF・マリノスだったが、その5分後にも訪れた守備からの速攻をゴールに結びつける。アデミウソンのパスをもらった齋藤が左足でこの試合2点目をゲット。右スミに決まったこの一発で、リードを3点に広げた。
 さらにF・マリノスは18分、伊藤が豪快な左足シュートを狙う。そして19分、左CKをファビオがヘッドで合わせてフィニッシュ。4-0としたF・マリノスは、この後もゲームをコントロール。堅い守備で得点を与えず、カウンターを狙う。
 23分に1人目の選手交代で喜田を入れてからも、守備は安定感たっぷり。25分の飯倉のドリブルストップをはじめ、シュートを打たれても必ず誰かがコースに入るなど、危険なシーンにはさせない。44分に二人目の選手交代で栗原が加わり、さらに守備を固めて5分のアディショナルタイムを乗り切った。
 4-0で4連勝のF・マリノスは、勝点を14に伸ばし、暫定ながら順位も5位に上がった。
エリク モンバエルツ 監督

横浜F・マリノス
エリク モンバエルツ 監督

「特に前半、素晴らしいパフォーマンスを出せたと思います。相手の方がチャンスが少なかったと思います。おそらく、ポゼッションは浦和より少し低かったと思います。ただ我々の方が、より前に、より速く攻撃を仕掛けられたと思います。
ゲームプランがうまくいって、我々が先に先制することができて、その後のゲーム展開が楽に、少しやりやすくなりました。我々の守備も、非常に効果的にパフォーマンスが発揮できていました。
そして浦和が前に出て来て、空いたスペースを有効に使えていました。
4-0、他にもGKと1対1になるシーンなどたくさんチャンスをつくれましたし、相手のチャンスを我々よりも少なくしたという点でも、パーフェクトなゲームだったと思います。
そして浦和も非常に素晴らしいチームで、素晴らしい選手がたくさんいるチームでしたが、今日はF・マリノスが非常に強いチームだったということだと思います」

質問:F・マリノスの守備ですが、特にボールのないところでのパフォーマンスが素晴らしかったと思います。
「全てのゲームの局面で高いパフォーマンスが出せるように、練習してきました。今日はその中でも、特にしっかり組織的な守備からボールを奪って、その後、速攻ですね。そこのところの切り替え、そこが非常に重要で、非常に高いパフォーマンスが出せたと思います。
他にも、もちろん遅攻、遅攻から守備への切り替えのところ、そしてセットプレー。今日、俊輔が非常に素晴らしいキックをしてくれました。
ただ、話が戻りますが、今日、特に素晴らしかったのは、組織的な守備から速攻のところだと思います。そして我々がリードした後は、うまくゲームをコントロールできたと思います」

質問:中村選手が前に入ることによって、攻撃におけるスピードとパスのバランスが非常に良く出来ていたのではないでしょうか?
「俊輔に強く求めていたことは、チームの攻撃のスピードを落とさずに高めてほしいということです。それともう一つは、ポジショニングを高い位置に取ってほしいということです。この二つを彼に求めています。簡単ではなかったのですが、彼はその役割を、非常に良く果たしてくれたと思います。その点は、前節の鳥栖戦から向上してきていました。素晴らしかったと思います。
そして守備面でも非常にチームに貢献してくれました。これを続けていけば、チームとしての攻撃面が向上していきますし、チームの攻撃面を向上させるためにはスピードと創造性が非常に重要な要素ですので、俊輔が持っているクオリティーを生かして、いいバランスを取っていくことが必要です。そして俊輔は、今日のようなパフォーマンスをこれからも続けてくれるだろうと思います。
我々にはプレーモデルというものがあります。このプレーモデルには、すべての選手に同じように要求されるものがあります。試合に出るためには、その要求に応えるものをもっていなければなりません。それを持っていなければ出ることができません、それは俊輔だけではなくて、全選手が必要なことです」
ペトロヴィッチ 選手

浦和レッズ
ペトロヴィッチ 選手

選手コメント

ファビオ

DF5
ファビオ

「本当にゴールを決められて良かったです。でも何よりチームとして、すごく自信を取り戻しているのがいいことですね。
最近、チームが一つにまとまっているのが大きい。もちろん相手を尊重しつつ、自分たちは最近、自信をもってピッチに入っている。
また、今まで足りなかったフィニッシュのところで、今日は特にしっかり決めることができて良かったかなと思います。
今週は、ずっと浦和戦に対してのディフェンスの仕方を練習してきた。相手のこともよく知っている中で分析して、“中をしっかり閉じて”と意識して練習したのが、今日の試合に出たかなと思います」
三門 雄大

MF6
三門 雄大

「点差よりも実力差はなかったと思います。俊さんのスーパーFKもあったし、学のゴールも素晴らしいゴールだったので。取るべきところで取る人が取ってくれたおかげだと思います。
後ろの選手は集中して守れたし、ゲーム展開が良かったかなと思います。
相手の怖いところは武藤選手と梅崎選手のところだったので、チームとして中を閉じようという話をしていました。それをみんなしっかりできて良かった。
僕自身、浦和に勝ったのは新潟時代も含めて初めてだと思う。今までになくやりやすくて、楽しかったです!」
下平 匠

DF23
下平 匠

「いい形で点が取れたし、後半はほとんど守備の時間でしたけど、カウンターで上手く点が取れて良かったと思います。
もう少し前で守備ができれば良かったですけど、後半はちょっと押し込まれるというか、プレッシャーが掛からない時間帯もありました。ただ、上手く引っ掛けて守り、カウンターすることができた。僕らは勝つしかない。チャンピオンシップを目指すためには勝つしかないから、残り8試合、全力でやるだけです」
ページトップ