ホームタウン活動
Hometown Activity

横浜市・横須賀市・大和市との取り組み

横浜熱闘倶楽部

横浜熱闘倶楽部

次代を担う青少年に夢や目標を与え、市民の連帯感の醸成と、地域の活性化、市民スポーツの振興を図るため、市民とともに地元プロスポーツチームの支援活動を行い、市民が誇れるプロスポーツチームが育つ街の実現を目的として、1995年に横浜市長を会長として設立されました。
横浜ならではの応援連合体として、現在は4つのプロスポーツチームを支援し、F・マリノスも連携を取り、様々な活動を行っています。

横浜熱闘倶楽部 ウェブサイトはこちら

ヨコハマ3R夢プラン

ヨコハマ3R夢プラン

横浜市資源循環局が3Rの推進に取り組んでいる「ヨコハマ3R夢プラン」。
2011年に「ヨコハマ3R夢!」広報大使に任命されたF・マリノスは、資源循環局と連携しながら広報活動を行っています。
啓発ポスターやグッズ・ホームページなどへ選手やマスコットの掲載、トリコロールランドや地域のイベントでの広報活動、市内18収集事業所のごみ収集車等全791台にコラボマグネットの掲出、職員名刺にマリノスケ・イーオのイラスト掲載など、様々な活動を通して3Rの普及活動を継続して行っています。

ヨコハマ3R夢プランの詳細はこちら

横浜市立図書館

横浜市立図書館

「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」が施行され、横浜市内図書館において市民の読書活動を推進することを目的に、F・マリノスと横浜市立図書館では、サッカーとのコラボレーションによる様々な取り組みを行っています。
トリコロールランドへの出展、図書館での企画展示や各種講座の開催、選手の写真が掲出されたラッピング・ブックトラックや選手がおすすめの本を紹介するブックリストの製作など、活動を通してサッカーと読書を楽しむ環境づくりを目指しています。

横須賀市

横須賀市

2005年に横須賀市がホームタウンとなり、行政や各団体のご協力をいただき様々な活動を行っています。
まちぐるみ定住応援事業「すかりぶ」や横須賀市記念事業との連携、地域活性化事業への協力など、年々活動の幅も広がっています。
これからも横須賀市の皆さまに愛されるクラブを目指して、活動を継続的に行っていきます。

大和市

大和市

2009年より始めた大和市内各小学校への訪問活動は、2016年までの8年間で、訪問校数ならびに実施回数が、それぞれ延べ60校、95回となりました。また、大和市内において2006年よりサッカースクールを開催し、今年度で12年目となります。
これらの実績を基に、2017年4月より横浜F・マリノスのホームタウンとしてご支援いただいております。これまでの活動に加え、新たな取り組みの拡充をはかり、大和市の目指す健康都市の実現に向け、大和市民の皆さまのご健康に寄与できるよう、より一層の貢献を目指して参ります。

今後の取り組み予定

■市民の健康促進

  • ・食育、市民が親しめるスポーツプログラムの提供

■明るくたくましい青少年の育成

  • ・サッカーキャラバンの拡充
  • ・キャリア教育
  • ・大和市サッカー協会との連携(大和市内のサッカーの普及活動)

■大和市のPR活動

  • ・ホームゲームにおける大和市のPR活動(YAMATO City Specialの開催)

港北区 | 横浜F・マリノス応援プロジェクト

港北区

ホームスタジアムである日産スタジアムの所在する港北区では、2010年に港北区役所で「横浜F・マリノス応援プロジェクト」が発足され、区民の皆さまがクラブへの応援を通じて、地域への愛着をより感じてもらえることを目的として、地域を盛り上げる様々な取り組みを連携して行っています。
さらに2016年1月には、F・マリノスの本社・練習場が新横浜地区に移転したことに伴い、港北区におけるホームタウン活動の推進についてより連携を深める為、F・マリノス、港北区、港北区連合町内会の3者にて「ホームタウン活動の協力に関する基本協定」を締結し、今後も更なる連携を行っていきます。

ページトップ