マリノスカップイメージ
育成組織
Development

F・マリノスカップ

F・Marinos Cup

飾る寶(たから)も入り来る港…“F・マリノスカップ”

マリノスカップ

Jリーグ開幕以前、「トリコロールカップ」という名称で1990年に「少年期の試合環境を整える目的」で創設しました。
「マリノスカップ」に名称を変更し、すでに23回を数えています。
小学生年代の競技力啓発として「冬のU10」・「夏のU12」と季節毎に開催し、オリジナルなルール採用が特徴です。
全国に先駆け、「U10での8人制の採用(2008~)」・「U10大会でのオフサイドラインの設定(2011~)」・「U12大会ではゴールサイズを6.5ヤードに広げる(2012~)」など、少年期の試合環境改善の試みに多くトライし、技術向上の実績を挙げています。

また、「マリノスタウン完成記念大会」として2007年に創設したユース年代のU-18大会として7回開催しています。
2015年は育成2世代(ユース・ジュニアユース)がクラブユース全国制覇を果たし、更にユースは年代のトップリーグであるプレミア昇格を果たしました。
我々は、F・マリノスカップを通じて、世界・全国のサッカー仲間を増やし続けます。

2014年からは、大会共通シンボルマークと大会ごとのテーマを整理し、F・マリノスカップの醍醐味を更に向上させる取り組みを、またより拮抗した対戦と国際交流促進となるよう、「この横浜に優るあらめや」が特徴となる様な大会を目指しつづけます。

さて、2015年度まで23回の歴史を飾っている“F・マリノスカップ"ですが、マリノスタウンの移転に伴い、春のU18大会の開催を断念する事にいたしました。
やはり、春季休業中の4日間で終日(時には12時間)人工芝以上のサーフェス会場を確保する事やチームがリラックスして大会に臨める環境整備を担保できないと判断いたしました。 一緒に大会を作り上げて来た仲間である過去大会の参加クラブには迷惑をかけるとともに当クラブの育成強化にも大きな影響があると認識しています。

4月になって、みなとみらいスポーツパークと旧マリノスタウンDピッチの開場と同時に8月の会場確保に動き、規模や期間を少し見直しながらも予定のU12大会が開催できる見通しになりました。

また、冠協賛いただいている「タカナシ乳業」さまのサポート継続も実現したことで、6月からは本格的な準備を開始しました。
また、みなとみらいを舞台に拮抗した闘いとこれを観戦する楽しみを是非提供できる事を改めてお報せします。
引き続き、当クラブHPのニュースアップにご注目ください。

共通コンセプトとシンボル

大会コンセプト

“TOGETHER TO THE FUTURE” 皆(みな)と未来へ 高い志で仲間を増やし、サッカーの未来に繋げよう。

シンボル

シンボル画像

横浜を見守り続ける「三塔」と「みなとみらい地区の景観」
“神奈川県庁・横浜税関・開校記念資料館”

大会ごとのテーマ

  • U-18大会【毎春3月開催】“TOGETHR TO THE FUTURE”
  • U-12大会【毎夏開催】SMILE“CHANGE”何事も諦めず、向上し続けよう
  • U-10大会【毎冬開催】SMILE“CHALLENGE”失敗を恐れず、チャレンジしよう

大会日程・大会結果

2015年大会

U-18大会(2015年3月26日~29日)
大会結果(PDF 199KB)
U-12大会(2015年8月7日~9日)
大会結果(PDF 160KB)
U-10大会(2015年12月26日~28日)
大会結果(PDF 354KB)

2014年大会

U-18大会(2014年3月27日~30日)
大会結果(PDF 164KB)
U-12大会(2014年8月15日~17日)
大会結果(PDF 328KB)
U-10大会(2014年12月26日~28日)
大会結果(PDF 295KB)

F・マリノスカップに関するお問い合わせ

トリコロールメンバーズ事務局
045-277-2307(10:00~17:00/不定休)

総合お問い合わせフォームはこちら

ページトップ