Food Supporter
Food Supporter

9月:扇原 貴宏選手

レシピ

扇原 貴宏選手へのインタンビュー

扇原 貴宏選手

コンサドーレ札幌戦では、長身を生かした見事なヘディングシュートで移籍後初ゴールを決めた扇原選手。新潟キャンプでは、真っ先に食事会場に足を運ぶ姿をモンバエルツ監督から褒められるなど、「食べる事」に対する意識も一段と高くなってきたようです。
扇原選手に話を聞いてみると、「外食をする際には定食メニューを選び、野菜も意識して食べるようにしている」とのこと。また、最近では子供の頃から苦手だった「納豆や生魚、レバー」などにもチャレンジするようになったそうですよ。
これを食べれば強くなる、と言うものはありませんが、いろいろなものをまんべんなく食べることが、コンディション維持につながっていることは間違いないようです。
今月は、「肉が大好き!」と言う扇原選手にピッタリの、にんじんナムル入り焼き肉丼をご紹介しましょう。

扇原 貴宏選手のプロフィールはこちら

ズバリ!今月のおすすめ食材

牛肉

アスリートに大人気の牛肉。豚肉や鶏肉に比べて鉄が多いのが特徴。良質なたんぱく質が豊富で、体内で合成できない必須アミノ酸が含まれているため、からだの免疫力を高めるのにも有効です。脂肪の摂りすぎを気にする選手達は、脂身の少ないヒレ肉を好んで食べています。

にんじんナムル入り焼き肉丼

1人分:エネルギー 772kcal

▼材料(2人分)

牛肉(切り落とし)

200g

ヘルシーリセッタ

大さじ1/2

市販焼き肉のたれ

大さじ3

にんじんのナムル

にんじん

1/2本

にんにく

1/4片

小さじ1/5

こしょう

少々

日清ヘルシーごま香油

小さじ1

いりごま

小さじ1/2

ごはん

どんぶり2杯分
(500g)

万能ねぎ小口切り

少々

いりごま

少々

作り方
  1. 人参は千切りにして、電子レンジで2分加熱し、Aで味付けをする。
  2. フライパンに油を熱し、肉を焼き、焼き肉のたれで味をつける。
  3. どんぶりにご飯を盛り付け、ナムル、焼き肉を盛り付ける。
  4. 万能ねぎ、いりごまを盛り付ける。

メニューのポイント

傷ついた筋組織の回復に欠かせない亜鉛の多い牛肉を使った焼き肉に、β-カロテンがたっぷりのにんじんをあわせたパワーアップ丼。β-カロテンは体内でビタミンAに変化し、亜鉛とともに季節の変わり目の風邪予防にも役立ちます。

最新のレシピコラム

一覧

ページトップ
  • HOME
  • 9月:扇原 貴宏選手