Food Supporter
Food Supporter

12月:杉本 大地選手

レシピ

杉本 大地選手へのインタビュー

杉本 大地選手

身長187センチと恵まれた体格を持つゴールキーパーの杉本 大地選手。今季F・マリノスに移籍加入し、先輩から多くの事を吸収しようと日々トレーニングに励んでいます。
「背が高くなりたい!」と願う多くの子供達のために、杉本選手が何を食べて大きくなったのかを聞いてみたところ、「両親からは、ご飯をしっかり食べさせられていた」とのこと。
ここで言う「ご飯」とは「米」の事ではなく、ご飯や肉、魚、野菜などを好き嫌いなく何でも食べていたということだそうです。
そんな杉本選手に好きな食べ物は?と尋ねると、「静岡出身の母が作る静岡おでん!」と答えてくれました。中でも「じっくり煮込んだ牛すじ」が大好きとのことで、ご両親の愛情が栄養の源になっているのではないかと感じました。 今月は、杉本選手の大好物の「静岡おでん」にチャレンジしてみませんか?

杉本 大地選手のプロフィールはこちら

ズバリ!今月のおすすめ食材

牛すじ

牛のスネやアキレス腱などから主に取れる、硬く筋張った牛すじには、赤い肉の部分に良質のたんぱく質と、無色透明の部分にコーラゲンが豊富に含まれます。
ゆっくり煮込むことでうま味が煮汁に溶け出すため、おでんやカレーの具材などにおすすめです。

静岡おでん

1人分:エネルギー 306kcal / たんぱく質 25.8g

▼材料(4人分)

牛スジ肉
(おでん用下処理済)

4串

黒はんぺん
(なければいわしのつみれで代用)

4枚

大根

1.5㎝輪切り4個

じゃがいも(メークイン)

4個

ゆでたけのこ

小1/2個(60g)

こんにゃく

1枚(200g)

おでん用昆布

10g

ごぼう巻き

4本

魚すじ

100g

ゆで卵

4個

A(おでん汁)

だし汁

6カップ

しょうゆ

1/2カップ

大さじ2

砂糖

大さじ2

少々

いわし粉

適宜

青のり

適宜

練りがらし

適宜

竹串

適宜

下処理
  1. 大根は皮を厚めに剥いて半月に切り、鍋に水とともに入れ、火にかけ沸騰したら弱火で20分下茹でする。
  2. こんにゃくは3~4分下茹でをして、三角に切る。
  3. 卵は茹で殻をむく。
  4. ごぼう巻きは熱湯をかけ油抜きをする。
  5. じゃがいもは皮をむき、3㎝幅に切る。
  6. たけのこは縦4つに切り下茹でする。
  7. 昆布はさっと洗う。
  8. 昆布以外の材料に串を刺す。
作り方
  1. 鍋にAの材料をすべて入れ、30分~2時間弱火で煮込む。
  2. 粉いわし、青のり、練からしなどをつけていただく。

メニューのポイント

牛すじと黒はんぺんが入った静岡おでん。カルシウムや鉄が豊富な魚の粉や青のりをかけて食べるのが特徴です。魚、牛、卵と動物性の良質なたんぱく質を豊富にとることができます。

最新のレシピコラム

一覧

ページトップ
  • HOME
  • 12月:杉本 大地選手